【仮想通貨】IOTA(アイオタ/MIOTA)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

10/04/2022著者: c, dora

IOTA(アイオタ/MIOTA)は人と機械が価値とデータを交換するためのネットワーク「Internet of Everything」を実現するために分散型台帳のシステムを提供するプラットフォームです。

 

IOTA(アイオタ/MIOTA)は電子機器をつなぐインターネットに分散型台帳技術を導入することでセキュリティ等の問題を解決することを目指しています。

今回この記事は、IOTA(アイオタ/MIOTA)とは何か、その特徴やユースケース、今後の見通し・将来性などについて初心者でもわかりやすく解説していきます。

IOTA(アイオタ/MIOTA)に興味を持つ方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

目次

1.IOTA(アイオタ/MIOTA)とは

2.IOTA(アイオタ/MIOTA)の特徴

3.IOTA(アイオタ/MIOTA)のユースケース

4.IOTA(アイオタ/MIOTA)の今後の見通し・将来性

5.IOTA(アイオタ/MIOTA):まとめ

IOTA(アイオタ/MIOTA)とは


まずは、IOTA(アイオタ/MIOTA)とは何かについて簡単に説明します。

IOTA(アイオタ/MIOTA)は人と機械が価値とデータを交換するためのネットワーク「Internet of Everything(IOT)」を実現するために分散型台帳のシステムを提供するプラットフォームです。電子機器をつなぐインターネットに分散型台帳技術を導入することでセキュリティ等の問題を解決することを目指しています。

 

オープンソースのスケーラブルな通信プロトコルとして、IOTA(アイオタ/MIOTA)はネイティブな仮想通貨を使用して価値の交換を促進します。インターネットに接続されたデバイスが安全かつ効率的にデータと支払いを交換できる、世界初の分散型ネットワークです。

 

IOTA(アイオタ/MIOTA)を利用することで、接続されたデバイスは、安全かつ効率的にデータ転送やトランザクションを記録・実行することができます。その結果、IOTAは、急速に成長するIoT分野の新しい標準ソリューションとして登場しました。

 

Bosch(ボッシュ)やVolkswagen(フォルクスワーゲン)といった業界大手が、IOTAをそれぞれのコネクテッドテクノロジーのプラットフォームに統合することに関心を示しています。これは、このプラットフォームが約束する新しい技術が、業界の観点からも付加価値があるという事実を示しています。

 

IOTA(アイオタ/MIOTA)に期待されている方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

IOTA(アイオタ/MIOTA)の特徴


IOTA(アイオタ/MIOTA)の特徴といえば、主に下記の2点です。

IOTA(アイオタ/MIOTA)の特徴
1.独自の分散型台帳技術「Tangle」を用いる

2.高速で取引手数料が無料

 

1.独自の分散型台帳技術「Tangle」を用いる

IOTA (アイオタ/MIOTA)は独自で開発した分散型台帳技術の「Tangle」を使用しています。

 

「Tangle」は、独自のコンセンサスアルゴリズムに依存しています。実行したい各トランザクションについて、まず他のユーザーの2つのトランザクションを検証する必要があります。各取引に際して、ユーザーとコーディネーターによる2回の検証が必要です。二重支出などの問題を避けるために、ネットワーク上のすべての取引は検証されなければならないです。

 

「Tangle」は数十億近くのモノのインターネット(IoT)デバイスからの大量のデータを処理し、1秒あたり1,000近くのトランザクションを処理できるとされています。

 

2.高速で取引手数料が無料

IOTA (アイオタ/MIOTA)は取引の高速化と無料な取引手数料が特徴です。 

 

IOTAでは、ユーザーは取引を完了するために(ビットコインのように)マイナーに報酬を支払ったり、(イーサリアムのように)ガス代を支払ったりする必要はないのです。

 

また、ビットコインやイーサリアムのような主要なブロックチェーンネットワークは、新しいブロックを作成するのに非常に長い時間がかかるため、しばしば混雑が発生します。IOTAでは、ブロックが存在せず、そのメインネットは現在、1秒ごとに約1,000件のトランザクション(TPS)を処理することができます。

 

IOTA(アイオタ/MIOTA)に期待されている方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

IOTA(アイオタ/MIOTA)のユースケース


コネクテッドデバイスやIoTシステムが、私たちの生活のあらゆる場面で浸透していることは明らかです。この点で、IOTAのユースケースと可能性は、実質的に無限にあると言えます。 ここでは、IOTAのユースケースの一部をご紹介します。

 

  • オートモーティブ&モビリティ

自動車産業は急速に変貌を遂げつつあります。 自動運転車、未来のモバイルデザイン、新しいドライビングコンセプトなど、さまざまな新しいアイデアが市場に出てきています。 コネクテッドカーが増えれば増えるほど、IOTAが活躍する場は広がります。

 

  • スマートシティ

IOTAは、未来のデザイン、インフラ、サービスを備えたスマートシティを構想するのに理想的であると主張しています。 実は、このプラットフォームには、すでにいくつかの実績があります。 例えば、台北市政府はIOTA財団と協定を結び、台北で未来都市を実施することにしています。

 

  • ヘルスケア

また、IOTAが大きなインパクトを与えることができる分野として、健康・医療分野が挙げられます。 特にe-healthの分野では、その傾向が顕著です。 新しいヘルスケアの概念と実践は常に進化しており、最新の機器や薬剤の出現により、eヘルス分野は複雑な臨床状況の診断と治療に優れています。IOTAネットワークは、データをよりプライベートで安全、信頼性が高く、簡単にアクセスできるようにすることで、eヘルスサービスの向上に貢献したいと思います。

 

  • インダストリー4.0

人工知能やモノのインターネットなどの新世代技術の発展により、現代のワークスペースのあり方は根本的に変化しています。例えば、産業環境では、機械やロボットが多くの工程や作業を引き継ぐことができます。 その中で、IOTAが牽引するマシン・ツー・マシンの通信フレームワークは、ゲームチェンジャーとなり得ます。

 

仮想通貨IOTA(アイオタ/MIOTA)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

IOTA(アイオタ/MIOTA)の今後の見通し・将来性


IOTA(MIOTA)は独自の分散型台帳技術が市場で高く評価されている。独自の分散型技術やサービスが引き続き順調に開発されることで、より市場においてIOTA (MIOTA)の価値が高まり、2023年には3-5ドル、2025年には6ドルに上昇すると予測しています。

 

IOTA財団は、IoTの実用化を進めることを目標として、ボッシュやフォルクスワーゲンな国際的な大企業と契約を結んでいます。また、台北市などの都市を始め、国連機関や欧州連合の機関など、複数の公的機関もIOTA (MIOTA)の技術を採用しているという実績がある。これからもより多くの国際的な大企業と提携していくと予想されます。

IOTA(アイオタ/MIOTA):まとめ


今回は、IOTA(アイオタ/MIOTA)の特徴や仕組み、稼ぎ方などを解説してきました。

 

仮想通貨IOTA(アイオタ/MIOTA)やほかの仮想通貨銘柄に関してもっと知りたい方は、、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

 

【あわせて読みたい】

【仮想通貨】Acala(ACA/aUSD)とは?概要・特徴などを解説

【仮想通貨】スパーク(Spark/FLR)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

仮想通貨のエアドロップ(AirDrop)とは?無料で仮想通貨がもらえる

【仮想通貨】Chain of Legends(CLEG)とは?稼ぎ方を解説

【仮想通貨】WingStep(WST)とは?概要・特徴・将来性を解説

【仮想通貨】RunBlox(ランブロックス/RUX)の始め方・稼ぎ方を解説

【仮想通貨】CAW (A Hunters Dream)とは?概要・特徴・将来性を解説

【仮想通貨】GSTとは?概要や特徴・買い方などを徹底解説