先物取引の4つのコツ

らくらくBTCCの先物取引 【契約初心者のための4つのコツ】

現物取引には慣れているが、契約・先物になるとどうしたらいいかわからなくなったことありますか?先物取引も、コツを把握すれば、便利にいつでもどこでも取引ができて、さらに勝率アップにもつなげます!

1、レバレッジを活用し、ポジションを管理しましょう

BTCCでは、1倍から150倍までのレバレッジを提供しています。取引状況に応じて、レバレッジを選択することは非常に重要です。それは市場のボラティリティにより総資産が低くなった際に強制決済※されるのを避けるためです。

例えば、200USDTを入金し、すぐに0.1枚の「BTC四半期/USDT. 100x」の買いポジションを注文し、20USDTの必要証拠金を使いました。

必要証拠金 ÷ 総資産=20 ÷ 200
必要証拠金 ÷ 総資産=10%となります。

💡一般的には、総資金の10%以下の証拠金で取引することを推奨します。
契約によっては異なるレバレッジが選択できます。BTCCのプロダクトについて詳しくはこちら
契約によっては異なるレバレッジが選択できます。BTCCのプロダクトについて詳しくはこちら

※強制決済とは損失が一定額に達すると、システムは自動的にポジションを決済されることです。各取引プラットフォームには独自のロスカット水準があり、BTCCの清算レベルは、すべてのポジションの必要証拠金の30%です。

アカウントの総資産(残高-変動損益)がロスカットポイントよりも低い場合、システムは損失の拡大を回避するために強制決済を実行します。ロスカットされる前に、アプリはプッシュ通知を送信します。ポジションはまもなくロスカットされるという通知をスマホで受け取ることができます。

☆このプッシュ通知を受け取るためにはBTCCアプリを開く必要はありません。

強制決済を避けるために

💡全ポジションの必要証拠金 ÷ 総資産の比率 を10%以下に設定

💡損切り機能を使いこなすーー続きまして以下の紹介をご覧ください↓


2、利確と損切りを使いこなしましょう

ポジションを開く前は予め利確と損切りを設定することができます。損切り注文を設定することで、損失を許容できる範囲内に抑えることができます。利確注文を設定すると、寝ていても目標利益に達したタイミングも逃しません。

➡利食い・損切りの設定方法

取引したい商品を選択したら、「利確損切」をタップします。

利確と損切りを希望する金額に調整します。

「買い/ロング」または「売り/ショート」をタップすると、ポジションの利益確定とストップロスの設定が完了します。

注文画面で設定する以外、注文が約定された後にもこちらの画面で利確損切の設定ができます
注文画面で設定する以外、注文が約定された後にもこちらの画面で利確損切の設定ができます

3、トレードリマインダーを設定し、いつでも市場状況を確認しましょう

価格アラートとウィジェットの機能を利用することで、最新の市場状況を随時確認することができます。ご利用のスマートフォンの通知設定にてBTCCアプリの通知を許可設定に設定しておきましょう。

設定画面:アラートタイプを選択し、価格を入力して設定。
設定画面:アラートタイプを選択し、価格を入力して設定。

例えばBTC 限週の価格が25,000ドルに上昇する価格アラートを設定します。価格が$25,000に達すると、プッシュ通知が届きます。※スマホの通知設定でBTCCからの通知を受けるように予め設定してください。


4、デモ取引で経験値を積み上げましょう

$100,000のバーチャルマネーがあるデモ取引を利用して、取引に慣れましょう。取引の経験を増やすことで実際の取引をする際に必ず今までの経験から勝利のチャンスを見極め、必要のない損失を減らすことができるはずです。

https://www.btcc.com/blog/ja/try_leverage/

BTCC公式LINE
BTCC公式LINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です