マーケット->DEAPcoin

DEAPcoinDEAPcoin 価格DEP

$0.00,574,721-1.25%(24h)

市場統計

時価総額$41.56M
24時間出来高$848052.76
発行数$30.00B
価格変更(1時間)-0.67%
価格変更(24時間)-1.25%
価格変更(7日)-6.07%

ディープコイン(DEP)について

ディープコイン(DEAPcoin、DEP)は、シンガポールを拠点とするDigital Entertainment Asset(DEA)が運営するGameFiプラットフォーム「PlayMining」上のインセンティブとして機能する暗号資産イーサリアム(ETH)ブロックチェーン上で、「ERC-20」の規格として2018年8月に発行されているユーティリティトークン、供給上限は300億枚。

 

「PlayMining」

「PlayMining」では、流動性の観点から、レイヤー1のパブリックブロックチェーンへの接続が進められており、すでにBNBチェーンには接続済みで、DEPはB-DEP(BEP20)に変換することが可能となっている。

「PlayMining」は、2020年5月に開設され、2021年12月時点で、およそ100ヵ国から200万人を超えるプレイヤーが利用。コンセプトとして「クリエイターの権利と利益を守る」ことを目指しており、クリエイターやユーザーといったエコシステムへの参加者に向けた報酬体系を確立して、新しい経済・文化圏を築こうとしている。

「PlayMining」では、エコシステムの発展に寄与するユーザーに対し、プラットフォーム上に流通するディープコインやNFT(非代替性トークン)を付与するインセンティブ設計がある。また、2022年内にはガバナンストークン「PlayMining Gold(PMG)」を発行する予定もあるという。

2020年5月にローンチされたPlayMiningは、2021年12月時点で約100カ国から200万人を超えるプレイヤーが利用。コンセプトとして「クリエイターの権利と利益を守る」ことを目指しており、クリエイターやユーザーといったエコシステムへの参加者に向けた報酬体系を確立して、新しい経済・文化圏を築こうとしている。

PlayMiningのパートナー企業としては、大手DEX(分散型取引所)のUniswapやSushi、大手CEX(中央集権型取引所)のBITPoint、OKXやBitrueが挙げられる。

 

ユースケース

ディープコインの用途は主に、トランザクション手数料の支払い、DeFi(分散型金融)での運用、PlayMining上での決済手段の3つ。

DeFiではステーキングやイールドファーミング、レンディング(貸付)で金利や手数料収入の獲得が可能だ。

PlayMiningや送金の際にトランザクション(契約)を通す必要があり、その手数料としてディープコインが利用。

また、PlayMining上のゲーム内でアイテムや土地を購入する際や、NFTを購入する際の決済手段としてディープコインを利用する。

 

book ホワイトペーパー web 公式サイト