チームラボのNFT作品《Matter is Void》、10月19日よりPace Versoで販売開始

2022/10/07著者: c, dora

アート集団チームラボは、7つのNFT作品《Matter is Void》を、ペースギャラリーのNFTプラットフォーム「Pace Verso」(ペース・バーソ)より発表し、2022年10月19日 11:00(米国東部標準時)から販売を開始します。

《Matter is Void》


《Matter is Void》は、アート・バーゼルがパリで初めて開催するアートフェア「Paris+ par Art Basel」にて、10月20日(木)から10月23日(土)まで展示されます。また、販売に先駆けて、7作品のうち1作品は文字が書き換えられ、ニューヨーク市のタイムズ・スクエアはじめ、街中の複数の巨大ビルボードで公開されます。

 

※ニューヨーク市でのビルボード展示は、世界最大のオンラインアートプラットフォームArtsy、OUTFRONT Media社、Pace Versoによる共同企画

 

7つのNFT作品で構成


本プロジェクトは、「Matter is Void」(意:物質は空虚)と書かれた7つのNFT作品で構成されます。

 

7作品それぞれ購入可能なNFTは1つですが、NFTを所有しているか所有していないかにかかわらず、作品自体は誰でもダウンロードし所有することができます。つまり、NFTによって作品の唯一性は付与されず、NFTの所有の有無にかかわらず、ダウンロードされた作品は、何も区別することはできず、全て本物です。作品は、2022年10月12日からダウンロード可能となります。

 

作品には、チームラボによって「Matter is Void」と書かれています。しかし、この作品のNFT所有者は、作品内の言葉を自由に書き換えることができます。この変更は、世界中の人がダウンロードして所有している全ての作品に反映され、その言葉に書き変わります。

 

そして、NFT所有者の言葉により、作品の価値が変化するだけでなく、その言葉に価値があれば、作品を所有する人は増え、その言葉に価値がなければ、作品を飾る人はいなくなるでしょう。多くの人が見ている作品を書き変える価値は高いかもしれませんが、誰も表示していない作品を書き変える価値は低くなるかもしれません。すなわち、NFT所有者の言葉によって、この作品のNFTの価値も変化していくでしょう。

 

また、NFT所有者が他の言葉に書き換えた後、再び「Matter is Void」に戻したとしても、「Matter is Void」の文字は異なる表現で書かれます。つまり、最初の「Matter is Void」は、一度変更されてしまうと、二度と同じ状態で見ることはできません。

 


NFTや仮想通貨相場などに関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

 

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

【あわせて読みたい】

「イチから学ぶ AR×NFTを活用した新規事業開発」オンラインイベント

東京ゲームショウ2022、日本初の3DアバターNFT「Metaani」を出展

NFTマーケットプレイス「Yebima(ヱビマ)」β版の記念キャンペーン

ApeCoin (APE) 、独立したBAYC NFTマーケットプレイスが登場

「D.LEAGUE NFT」、いよいよ明日販売開始

Web300 COMMUNITY ローンチパーティ、発足とNFT完売を記念

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード