米ゴールドマン・サックス、暗号資産投資状況を調査

06/02/2022著者: c, dora

閲覧数: 0

米大手投資銀行ゴールドマン・サックス、2022年の保険業界に関する調査報告書を発表。今回初めて暗号資産(仮想通貨)に関する質問事項が含まれている。

米ゴールドマン・サックス、暗号資産投資状況を調査

この調査は今回で11回目となった。 対象は、世界の保険会社の最高投資責任者または最高財務責任者、合計328名だ。 ゴールドマン・サックスによると、対象企業のバランスシートには総額約170兆円(13兆ドル)が投資されており、これは世界の保険業界の半分に相当するという。

 

アンケートでは、「暗号資産に対する投資ポジションは?」という質問がある。 回答は「投資している」「投資を検討している」「投資を検討していない」という3つが用意された。

暗号資産への投資を「検討していない」が94%と大半を占め、「検討している」が4%、「現在投資している」が2%となった。

 

また、地域差もあり、「現在投資している」「投資を検討している」と答えたのは11%ですが、これは米国に限った話だ。 アジアでは6%、欧州では1%であった。

 

90%以上が「投資を検討していない」と回答したが、ゴールドマン・サックスは「暗号資産への関心の高さは注目に値する」と述べた。

 

ゴールドマン・サックスの保険資産管理・流動性グローバルヘッドであるマイク・シゲル氏は、暗号資産に関心を持つ企業は、その市場やインフラをよりよく理解したいと述べた。

 

「暗号資産が取引可能になれば、保険会社は暗号資産で保険を決済できるようにしたいと考えている」とシゲル氏は語った。 その場合、ドル、円、ポンド、ユーロと同じように、暗号資産で支払われる保険料も受け入れたいと考えている。