バイナンスコイン(BNB)とは?機能などをわかりやすく解説

04/21/2022著者: c, dora

バイナンスコイン(BNB)とは?機能などをわかりやすく解説

バイナンスコイン(BNB)は、大手暗号資産取引所バイナンス(Binance)のネイティブトークンです。バイナンスコイン(BNB)が当初は資金確保のために使用されていましたが、現在ではBinanceのエコシステムの運営を支えています。

 

バイナンスコイン(BNB)とは


バイナンスコイン(BNB)は、2017年8月に中国で発売されました。プラットフォーム自体は、バイナンスコイン(BNB)とともに過去数カ月の間に大幅な人気上昇を経験しました。他の暗号資産取引所と同様に、バイナンスは関連する手数料と引き換えに、暗号資産(仮想通貨)を購入または売却する注文を、そのプラットフォーム上の他のユーザーの注文とマッチングさせます。ある暗号資産取引所を他の暗号資産取引所と区別する主な特徴は、マッチングエンジンの容量、手数料、流動性量に関連しているため、バイナンスはバイナンスコイン(BNB)を使用して、プラットフォームを保有する人にとってより魅力的なものにします。

 

 

バイナンスコイン(BNB)の機能


このように、バイナンスコイン(BNB)の最も重要な機能は、バイナンスの取引所が顧客に提供するサービスを動かす燃料として機能することです。まず、プラットフォームのユーザーは、様々な割引で取引手数料を支払うためにそれを使用することができます。この割引を受けるには、取引所のウォレットにバイナンスコイン(BNB)を保有していれば十分です。割引額は年々減少し、初年度は50%、2年目は25%、3年目は12.5%となる予定です。5年目に割引がゼロになっても、バイナンスのプラットフォームで手数料の支払いを管理する方法として、このコインは使われ続けることになります。

 

ディスカウントの減少は、バイナンスの暗号資産の価値を下げるリスクをもたらします。この減価を防ぎ、バイナンスコイン(BNB)の安定した価格を維持するために、その作成者は、バイナンスコイン(BNB)の総供給量(1億枚)の50%が燃焼されるまで、総供給量を減らすためにこれらのコインの一部を定期的に破壊(または「燃焼」)することを約束しました。

 

 

バイナンスコイン(BNB)の価格


2018年9月現在、9500万枚のBNBが流通しています。同時に、この暗号資産の時価総額は9億1500万ドルで、歴史的な最高値は20億ドルをわずかに上回った程度でした。バイナンスコイン(BNB)は運営する暗号資産取引所と密接な関係がありますが、CoinSwitchやLbankなど競合する暗号資産取引所でも取引されています。

 

バイナンスコイン(BNB)は、ネイティブなネットワーク運用を促進するだけでなく、バイナンスのLaunchpadプログラムの一部であるイニシャル・コイン・オファリング(ICO)への投資にも使用することが可能です。ICO終了後、新しい暗号資産は即座にバイナンスに上場され、プラットフォームとICOの連携を加速させます。さらに、モバイルライブストリーミングプラットフォームのUpliveは、仮想ギフトを購入するためのバイナンスコイン(BNB)をサポートしています。

 

2019年4月、バイナンスはプラットフォームの暗号資産を活用し、その上での資産管理を支援することが期待されるパブリックブロックチェーンとして、「Binance Chain」を立ち上げました。これに伴い、バイナンスコイン(BNB)はイーサリアム(ETH)ブロックチェーンから「Binance Chain」に移行されました。

 

 

【他の記事】

BTCCでビットコイン(BTC)先物取引のやり方【初心者向け】

BTCCでイーサリアム(ETH)先物取引のやり方【初心者向け】

BTCCでライトコイン(LTC)先物取引のやり方【初心者向け】

BTCCでビットコインキャッシュ(BCH)先物取引のやり方【初心者向け】

BTCCでイーオーエス(EOS)先物取引のやり方【初心者向け】

BTCCでリップル(XRP)先物取引のやり方【初心者向け】

BTCCでカルダノ(ADA)先物取引のやり方【初心者向け】

BTCCでステラルーメン(XLM)先物取引のやり方【初心者向け】