ヘルプセンターへようこそ

目当ての情報が見つかりませんか? お問い合わせありがとうございます お問い合わせ

口座説明と損益計算

BTCCでは、すべての注文(異なる種類、異なる通貨、異なるレバレッジ)に対して共有のマージンプールを使用しており、すべてのUSDTを使用して決済されます。 すべてのUSDT契約の未決済の利益と損失はリアルタイムで共有されており、トレーダーは未決済の利益を使用してリアルタイムで新しいポジションを開いたり、決済したりすることができます。証拠金共有モデルは、トレーダーの資金活用を促進し、より高いマネーマネジメントのレバレッジを実現します。 また、必要に応じて、いつでも利用可能な残高を引き出すことができます。

 

出金する際、トレーダーは、引き出しによってすべてのフルポジションの証拠金が減少し、フルポジションがロスカットされるリスクが高まることに注意する必要があります。

1、口座説明

-総額:ユーザーが現在保有している資産の価値を指します(例えば、BTCUSDTレバレッジ100倍を10ロットのポジション保有し、BTCUSDTの現在の市場価格が10000USDTである場合、総額= 10 * 10000 = 100000USDT)。

 

-自由証拠金:ユーザーが取引や引き出しに使用できる資金を指します。自由証拠金=総額-使用証拠金。

 

-使用証拠金:ポジションを開くときにポジションを維持するため凍結された資金を指します。この資金はポジションが閉じた後に自動的に口座に戻されます。

 

-ロスカット水準:ユーザーが通常の取引時間中に維持しなければならない必要証拠金のレベルを指します。ユーザーの残高が必要証拠金より少ない場合は、ロスカット(強制決済)のプロセスに入ります。

 

ロスカットについて詳しくはこちらをご覧ください

 

-変動損益:ユーザーが保有するすべてのポジションで発生するリアルタイムの損益を指し、損益はリアルタイムで決済されます。未決済の利益で新しいポジションを開いたり、資金を引き出したりすることができますが、引き出しによってフルポジションの処が減少し、フルポジションのロスカットのリスクが高まることにご注意ください。

 

-オープンロット有効範囲:ユーザーが現在の製品でオープンできるロット数の最小値と最大値を指します。

 

-契約価値:ポジション開設前後にユーザーが保有すると予想されるポジションおよび既に保有しているポジションの実際の価値を指し、USDTで計算され、契約価値=ロット数 x 現在の通貨の市場価格

 

-参考証拠金:ユーザーがポジションを建てる際にシステムが自動的に計算する必要な証拠金で、参考証拠金=注文ロット数×注文時証拠金。実際に必要なのが注文時の証拠金なので、こちらの数値は参考用です。

 

2、損益計算

 

注文の損益:

-コール買い注文をした場合の損益=(クローズポジション-オープンポジション)x ロット数 - 手数料 - 金利

-プット売り注文をした場合の損益=(オープンポジション-クローズポジション)x ロット数 - 手数料 - 金利

 

過去の損益:ユーザーはクローズされた注文の損益履歴を検索できます