バイナンスって何?

バイナンスとは、2017年に香港でジャオ・チャンポン氏によって設立された仮想通貨取引所です。 現在は様々な理由からその拠点はマルタへ移されています。 ユーザー数は、1000万人以上であり、世界最大級の仮想通貨取引所です。 バイナンスはユーザー数が多いだけではなく、その取引量も世界トップレベルです。 24時間の取引量は60億円を超えており、この数値は世界1位を誇っています。 バイナンスではその取引サービスの豊富さも魅力の一つです。 初心者向けの現物取引だけでなく、上級者向けの先物取引やOTC、P2P取引まで備えており、仮想通貨運用をするあらゆるユーザーが利用できる環境が整えられています。 バイナンスは2019年に大規模なハッキングに遭い、45億円相当の被害が出ました。

バイナンス(binance)ってどうなの?

バイナンス(BINANCE)は各国の法律に準拠する制度を整えています。 またバイナンス(BINANCE)は世界最大規模の仮想通貨取引所であり、その 経済圏もどんどん広がっています。 世界中に進出している大規模なバイナンス(BINANCE)が突然サービスを終了するようなことはないとの予想が多いです。 レバレッジの引き下げ、日本語対応など日本人向けサービスも復活しつつあります。 取り扱い通貨の種類が非常に多く、 国内の仮想通貨取引所と比較しても桁違いに豊富 です。 海外で話題になっている仮想通貨や、新しく取引を開始して将来性がある仮想通貨があっても、国内の仮想通貨取引所では購入できない可能性があります。

binance(バイナンス)ってどんな仮想通貨取引所?

Binance (バイナンス)は2017年7月に設立した海外の仮想通貨取引所です。 取り扱い仮想通貨が200種類以上、スプレッドがない、レバレッジが最大125倍など 、仮想通貨トレーダーにとって嬉しいメリットや機能がたくさんあります。 知名度も高く、設立から1年で登録ユーザー数、仮想通貨取引量が世界一になりました。 手数料も比較的安く、仮想通貨を扱うならチェックすべき取引所です。 Binance (バイナンス)設立当初は香港を拠点にしていましたが、中国の仮想通貨規制を回避するなどの理由から拠点をイタリアのマルタ共和国に移しました。 現在も多くの人が利用する、人気の海外仮想通貨取引所です。

バイナンスと国内の仮想通貨取引所の違いは何ですか?

日本国内の大手仮想通貨取引所の取り扱い通貨数は15種類前後であるため、スケールの違いが分かるでしょう。 国内の仮想通貨取引所では取引できない暗号通貨も多く、バイナンスを使うことで入手できる可能性は高いです。 例えば、将来性が期待できる仮想通貨の情報を手に入れたとしても、日本の取引所では購入できないケースは少なくありません。 その場合でも、バイナンスであれば取り扱っている可能性は高いといえるでしょう。 海外の仮想通貨取引所ですが、 ホームページは日本語に対応 しており使いやすいです。 海外の仮想通貨取引所を使う場合、大手の取引所でも外国語で表示されているケースが多く、扱いづらいです。