GMOコインとbitbank(ビットバンク)の違いは何ですか?

つまり、取扱銘柄数で比較するとGMOコインのほうが多いのですが、取引所で現物取引するのであれば、Bitbank (ビットバンク)のほうが取扱銘柄数が豊富です。 Bitbank (ビットバンク)とGMOコインでできる取引方法を比較してみましょう。 まず、Bitbank (ビットバンク)は現物取引しか取引方法がありませんでした。 販売所と取引所がありますが、注文方法は「指値注文と成行注文だけ」で、逆指値注文などは一切できません。 一方、GMOコインの取引方法は非常に種類が多いといえるでしょう。 まず、販売所はもちろんありますが、取引所は現物取引とレバレッジ取引、暗号資産FXまでそろっています。

GMOコインって何?

GMOコインは「GMOインターネットグループ(東証プライム上場9449)」が運営する大手仮想通貨取引所です。 これらがあげられます。 「取引所」で売買できる銘柄はなんと21種類で、 販売所の19種類よりも多いのが特徴。 全部で22種類の銘柄を取り扱っており、国内最大級の通貨数です。 「日本円の入出金手数料」や「仮想通貨の送金手数料」が無料 なので、余計な出費を気にせず利用できるのも嬉しいポイントですね。 GMOコインの取り扱い銘柄数の詳細は以下の内容です。 (2022年9月時点) わかりやすいように表にまとめましたので、参考にしてください。 取引所の銘柄が豊富なので、初心者のみならず中・上級者になっても継続して利用しやすい取引所だといえますね 。

GMOコインは手数料がかかりますか?

GMOコインは取引する際に手数料がかかりません。 取引と一口にいっても態様が様々で、現物の仮想通貨の交換や建玉に替えて取引する方法もあります。 取引する場所も、販売所と取引所で扱い方は全く異なります。 販売所の取引手数料は無料ですが、仮想通貨は購入価格と売却価格が同じではありません。

GMOコインで仮想通貨を売買するにはどうすればよいですか?

GMOコインで仮想通貨を売買するには、アカウント登録と口座開設が必要です。 万が一まだ口座開設していない人は、 公式ホームページ から手続きを行いましょう。 「かんたん本人確認」を利用すれば土日祝日でも最短10分で審査が完了し、当日から取引できます。 画面の指示に従って手続きを進めましょう。 GMOコインで口座開設すると「GMOあおぞらネット銀行」と「楽天銀行」の2つの銀行で自分専用口座が作成されます。 どちらかの口座に振込みを行うと、GMOコインに反映される仕組みです。 日本円の入金方法は以下の2種類です。 それぞれの手順を解説します。 即時入金は、GMOコインが指定する「インターネットバンキング」から24時間365日手続きができるシステム です。