アスターネットワーク(astar network)って何?

アスターネットワークは、2022年1月に登場した新しい仮想通貨です。 日本のサッカー選手を代表する本田圭佑氏に加え、 StakeTechnologies 社の代表である渡辺創太氏など、日本人がかかわっているブロックチェーン技術を搭載しています。 過去にも日本発ブロックチェーン技術を用いた仮想通貨はいくつかありましたが、世界的に注目され支援されているものはアスターネットワークが初です。 この記事では、アスターネットワークの特徴や将来性、買い方について解説していきます。 興味がある方はご覧ください。 アスターネットワークはCoincheck経由で購入しよう! アスターネットワーク (Astar Network)とはどんな仮想通貨? 特徴を解説

astar networkの時価総額はいくらですか?

Astar Networkの時価総額は2022年4月25日現在で60,205,320,252円です。 602億円 ですね。 2022年4月25日現在、市場で流通しているAPEの発行枚数は 26.5億枚 。 最大供給量はまだ公示されていませんが、既に70億枚が発行されています。

ポルカドットの「astar network」ってなに?

Astar Networkはポルカドットのパラチェーンとして、ポルカドットに接続する形でローンチされました。 ポルカドットは100個の『スロット』と呼ばれるパラチェーンを持っています。 要はその数だけプロジェクトを作れるということで、Astar Networkは第3枠。 Astar Networkはポルカドットに無い機能を補完していることがポイント。 例えば、ビットコインやイーサリアムとの互換性を持たせたり、dAppsを作ることができるようになります。 今後のポルカドットのエコシステム拡大に伴って、Astar Network(ASTR)の重要性は高まっていくはず。 Astar Networkの時価総額は2022年4月25日現在で60,205,320,252円です。 602億円 ですね。