ポルカドット(astar network)の価値はどうなるの?

Astar Network(ASTR)の価値は ポルカドットの開発状況 によっても左右されます。 なぜなら、Astar Network(ASTR)はポルカドットのパラチェーンだからです。 ポルカドットが中心となり、その他のブロックチェーンがポルカドットの周りに繋がっています。 言わば、ポルカドットは親会社のような立ち位置です。 親会社がダメになると周りにいる子会社は潰れてしまいます。 それと同じように、Astar Network(ASTR)がとても良い運営を行なっていたとしても、ポルカドットの開発がうまくいかないと、 Astar Network(ASTR)の価値も下がる可能性 があります。 現在のところはポルカドットエコシステムは順調に開発が続いており、特段心配することはありません。

astar network(astr)って何?

Astar Network は、 Polkadot (ポルカドット)とパラチェーン接続を目指し開発が進められている 日本発のプロジェクトです。 2022年1月17日にメインネットをローンチ したばかりの Astar Network ですが、すでに 海外の大手取引所への上場が決まっており世界的にも高い注目を集めています。 現在、 Astar Network のトークンである ASTR は、bitbankで扱っていますが、関連通貨は海外の取引所で取引する必要があります。 取引したい際は DMM Bitcoin などの国内取引所で通貨を入手し、海外取引所に送金してから取引するとスムーズですので、まずは国内取引所の公式サイトを確認してみて下さい。 Astar Network (ASTR)とは?

仮想通貨取引所「astar network(astr)」ってなに?

Astar Network (ASTR) は、 日本発のプロジェクト ですが国内ではまだbitbankのみでの扱いとなるので、海外取引所にて取引するのが一般的です。 海外で取り扱いがある取引所は以下の取引所です。 他の取引所にも上場していますが、以上が大手取引所になります。 ASTRを取引する方法は以下の通りです。 DMM Bitcoin は、 様々な事業を展開する国内で有名なDMMグループが運営する仮想通貨取引所 です。 特にレバレッジ取引に定評があり、 国内でも最大級となる26種類もの仮想通貨でレバレッジ取引 を行うことができます。 また、取引手数料や入出金手数料など、各種手数料も無料としているので、無駄なコストを省きたい方にもおすすめできます。

スマートコントラクトハブ「astar network(アスターネットワーク)」って何?

「Astar Network(アスターネットワーク)」はシンガポールを拠点とするStake Technolosies(ステイクテクノロジーズ)が開発したパブリックブロックチェーンです。 Astar Networkのトークンは「ASTR」と呼ばれています。 Astar Networkは元々「Plasm Network」という名称でしたが、2021年9月にリブランディングをして改称しています。 同社はPolkadot(ポルカドット)上でスマートコントラクト機能を提供する基盤となるために構築を進めており、Polkadotの「スマートコントラクト・ハブ」になることを目指しています。