200日移動平均線とは何ですか?

200日移動平均線よりも一貫して下でトレードされている相場は下降トレンドにあるとみなされます。 200日移動平均線は直近200日の各終値を合計し、200で割って計算します。 新しい一日ごとに、新しいデータポイントが作成されます。 各日のデータポイントをすべてつなげることで、チャート上で観察される連続した線となります。 200日移動平均線は、FXにおいてトレーダーに意識されていることから、節目となる価格を見極めるものとして使用することができます。 FXでは、価格が200日移動平均線を試し、跳ね返され、それまでのトレンドの方向を継続することがよくあります。 そのため、200日移動平均線は動的なサポートラインまたはレジスタンスラインとしてみなすことができるのです。

移動平均線とは何ですか?

21日、55日、100日などのより短い期間の移動平均線を組み込むことにより、トレーダーはより短い期間における最近の値動きを追跡でき、現在のトレンドの勢いが尽きようとしているのか否かを判断することができます。 下の GBP/US Dのチャートは、短期の速い移動平均線が、上昇トレンドが近く反転するであろうことを示唆する様子を示しています。 21日 (緑)の移動平均線は、55日 (黒)の移動平均線と交差し、さらに下向きに100日 (青)および200日 (赤)の移動平均線と交差しています。 これらはすべて弱気のシグナルで、200日移動平均線が弱気のシグナルを提示する前に現れます。 200日移動平均線を戦略に組み込む最も簡単な方法の一つが、200日移動平均線との位置関係で相場を見る方法です。

移動平均線に時間差はありますか?

移動平均線は過去数日分の株価を元に算出をしているため、どうしても時間差というものが生じてしまいます。 上の図のように、落ち始めたタイミングと平均線が傾くタイミング・クロスのタイミングがずれていて、あくまでも後出しの状態になってしまいます。 より実践的な移動平均線にMACDというものがあるので、まだ知らない方は以下のリンクからご覧ください。

移動平均線の期間を変更するにはどうすればよいですか?

MT4(Meta Trader4)で移動平均線の期間を変更する方法を紹介します。 MT4(Meta Trader4)を開き、「挿入」→「インディケータ」→「トレンド」→「Moving Average」を選択 画面が表示され、期間の数値を変更し「OK」を選択すれば完了です。