ビットコインって何?

仮想通貨投資を行う場合は、ビットコイン(BTC)を投資対象に入れているケースが多いです。 ビットコイン(BTC)の単位は、BTCと表記します。 ビットコインシステムは、1BTCをさらに分割して取引することを認めている仕様です。 ただし、分割できる限界は0.00000001BTCで、この数値は1Satoshi(サトシ)と呼ばれています。

ビットコイン(BTC)の単位は何ですか?

ビットコイン(BTC)の単位は、BTCと表記します。 ビットコインシステムは、1BTCをさらに分割して取引することを認めている仕様です。 ただし、分割できる限界は0.00000001BTCで、この数値は1Satoshi(サトシ)と呼ばれています。 ビットコイン(BTC)は、サトシ・ナカモトと称する者が考案者です。 日本人の名前のようですが、国籍や性別、個人か団体かなど詳細は不明とされています。 ビットコインシステムの論文の発表者がサトシ・ナカモトと名乗ったため、名前だけはわかっているのです。 1Satoshiは、サトシ・ナカモトの名前をとってつけられました。 仮想通貨投資を始める初心者は、知名度の高いビットコイン(BTC)から始めるケースが多いです。

ビットコインは安全ですか?

実際、 国際通貨基金(IMF)からも、ビットコインの法定通貨採用に対して警告が出されている ので、安全性の担保が必要となることは間違いありません。 ビットコインETFがアメリカで上場されたことで、ビットコイン自体が投資対象として価値を見直される可能性が出てきました。 ETF(Exchange Traded Fund )とは、証券取引所で売買される上場投資信託のことを言います。 ビットコインは市場価格の不安定さが原因で、投資対象として問題ないものか、たびたび審議されてきました。 しかし、アメリカでのビットコインETFの上場によって、状況は一変しました。 証券市場への上場は、一定の安全性や信頼性、認知度を持つなど条件をクリアしたのちに認められる ものです。