ビットコインって何?

ビットコイン(BTC)とは? 初心者にもわかりやすく解説 ビットコインは世界で初のブロックチェーンを基盤としたデジタル通貨です。 その大きな特徴は、法定通貨で言うところの 中央銀行といった管理者が存在しない ことです。

ビットコインの発行枚数はどのくらいですか?

ビットコインは誕生した当時から、 発行枚数が2,100万枚と決められています。 これは、ビットコインの仕様であり、予めプログラムに組み込まれていますので、それ以上発行されることはありません。 現在、発行されている暗号資産の多くは、最終的な発行上限が決められています。 ただし、その数量はまちまちで、数字の根拠もそれぞれ違います。 現実の法定通貨では、中央銀行の経済政策によって通貨の流通量を増減させることが可能で、それにより景気動向を誘導していくことができます。 その一方で、必要以上の通貨を流通させてしまうと、通貨の価値が下がりインフレを引き起こしてしまいます。

ビットコインの価値は何ですか?

国家という権威ではなく、予め決められたプログラムに沿って取引を行う世界中のユーザーからの信頼によって、ビットコインの価値は保たれているのです。 ビットコインは誕生した当時から、 発行枚数が2,100万枚と決められています。 これは、ビットコインの仕様であり、予めプログラムに組み込まれていますので、それ以上発行されることはありません。 現在、発行されている暗号資産の多くは、最終的な発行上限が決められています。

ビットコインの半減期とは何ですか?

ビットコインの半減期とは、新しいビットコインが流通する速度を半分に減らすためのイベントです。 これは、すべてのビットコインの枚数が供給されるまで、ビットコインの価値を高めて価格上昇の可能性を高める手段。 「新しいビットコインが流通する速度を半分に減らす仕組み」について、詳しく説明します。 ビットコインの供給量の上限は2,100万枚ですが、およそ4年ごとにビットコインマイナー(採掘者)に与えられる報酬は半分に削減されます。 報酬が削減されることでビットコインマイナーが自然に淘汰され、ビットコイン発行量が減るのです。 ビットコインの供給量が増えるごとに、マイナーに与えられる報酬が削減されます。 ビットコインの価格上昇の可能性を高めるのが「半減期」です。 ビットコインの半減期とは?