お金と価値の違いは何ですか?

この比較を簡単にできるようにするのが「お金」です。 「チョコレートは100円、クッキーは50円、アイスクリームは120円」というように、お金があると価値を簡単に比較できます。 お金は、モノやサービスを交換(売買)するツールにもなっています。 物々交換の時代では、モノとモノを等価値で交換する必要がありました。 たとえば、魚とリンゴを交換する場合、「魚1匹」と「リンゴ2個」が等価値だったと仮定します。 「魚を渡すことはできるけれど、リンゴは1個だけほしい」という場合でも、魚をリンゴ2個と交換するしかありません。 このとき、物々交換ではなくお金とモノを交換するシステムであれば、魚を200円で売って、そのうち100円を使ってリンゴを1個だけ買うことが可能になります。

「お金の価値が下がってしまった」ってどういう意味ですか?

実際に、アフリカの「ジンバブエ」という国や、ヨーロッパにある「ギリシャ」は、国の信用が無くなったから、お金の価値が下がってしまった。 この 「お金の価値が下がってしまった」 という言葉の意味は、たとえば、今まで1つのパンを買うときに、100円玉1枚で買うことができたのに、お金の価値が下がってしまうと、1つのパンを買うときに、100円玉が10枚必要になってしまう、ということです。 今まで、100円で1つのパンを買うことができたのに、お金の価値が下がってしまうと、1つのパンを買うのに、1,000円必要になる、ということですね。

お金は価値を保存できますか?

お金は、価値を保存することもできます。 たとえば、交換しようと思っていたリンゴは腐ってしまうかもしれません。 物々交換が成立したとしても、腐る前に他のモノと交換できなければ、価値はなくなってしまいます。 しかし、お金で取引すれば手元に100円という価値が残ります。 魚やリンゴのように腐って価値がなくなることはありません。 このように、今持っている価値(資産)を蓄えておけるのもお金の特徴です。 現代は、お金でさまざまな取引をするようになりました。 社会全体を人間の身体にたとえると、お金は「血液」です。 血液が全身に必要な酸素や栄養を運ぶように、お金はモノやサービスを世界中に運びます。 お金の流れを簡単に説明すると、以下のようになります。

お金ってなに?

お金にはおもに「尺度」「交換」「保存」の3つの役割があります。 順に説明します。 世間では、ありとあらゆるモノやサービスが取引されています。 その価値を計る尺度としてお金が使われています。 たとえば、チョコレートにクッキーの2倍の価値がある場合、その価値をどのように比較すればいいでしょうか。 「チョコレートはクッキー2つ分」と言えばわかりますが、さらに別のモノ「アイスクリーム」と価値を比べるには、アイスクリームとチョコレートの価値の関係、アイスクリームとクッキーの価値の関係を表さなければなりません。 この比較を簡単にできるようにするのが「お金」です。 「チョコレートは100円、クッキーは50円、アイスクリームは120円」というように、お金があると価値を簡単に比較できます。