お金と価値の違いは何ですか?

「チョコレートは100円、クッキーは50円、アイスクリームは120円」というように、お金があると価値を簡単に比較できます。 お金は、モノやサービスを交換(売買)するツールにもなっています。 物々交換の時代では、モノとモノを等価値で交換する必要がありました。 たとえば、魚とリンゴを交換する場合、「魚1匹」と「リンゴ2個」が等価値だったと仮定します。 「魚を渡すことはできるけれど、リンゴは1個だけほしい」という場合でも、魚をリンゴ2個と交換するしかありません。 このとき、物々交換ではなくお金とモノを交換するシステムであれば、魚を200円で売って、そのうち100円を使ってリンゴを1個だけ買うことが可能になります。 お金は、価値を保存することもできます。

金の価値は上がるのか?

金の取引において、「金の価値は上がり続けている」と耳にした方も多いでしょう。 確かに金の価値は他の貴金属であるプラチナや仮想通貨と比較して安定はしています。 しかし、全く価値が下がらないわけではありません。 それは、世界中で取引される金の価値が、情勢によって買取価格に変動が起こることが理由です。 このような 金には現物資産と金融資産の2つの性質 があります。 現実資産とは、それ自体に形があって価値がある資産です。 一方で金融資産とは、株式や現金のような無形の価値を持つものを指しているため、金は両方の性質を持ちます。

特別な価値があるお金とは!?

特別な価値があるお金とは? お金は、一般にはすべて同じ価値が保証されています。 100円硬貨であれば、どの100円硬貨も100円の価値しか持っていないのが通常です。 しかし、中には同じ100円硬貨であっても、お店によっては価値が違っていることがあるのです。 すなわち、銀行に持っていけば、1,000円札は1,000円でしかありませんが、あるところに持っていけば20万円などで引き取ってくれるお店もあるのです。 オリンピックや万国博覧会などの際に発行される記念硬貨などは時間が経てば、価値が上がって、100円硬貨であるにもかかわらず、マニアの間では高い価値がつけられます。 そのため、古物商などに持っていけば、高価な値段で引き取ってもらえる場合もあるのです。

お金の価値と将来価値はどう違うの?

一般にお金の価値は、同金額であれば受け取る時点が現在に近いほど価値は高くなり、遠いほど価値は低くなります。 一方で、お金を支払う場合は現在から遠いほど有利に働きます。 このように、お金の時間価値がわかることで投資や取引などで将来の金額が現在価値に直すといくらになるのか計算でき、より合理的な判断が可能です。 現在価値や将来価値を求める場合には「割引率」を用います。 割引率とは、将来受け取る金額を算出する際に用いる金利などのことです。 そのため、割引率の数値次第で現在価値や将来価値は大きく変動します。 現在価値は、将来価値を割り引くことで算出できます。 計算式は以下の通りです。 将来価値は、現在価値から金利や期待収益率などを用いて求められます。 計算式は以下の通りです。