ビットコインって何?

ビットコイン(BTC)とは? 初心者にもわかりやすく解説 ビットコインは世界で初のブロックチェーンを基盤としたデジタル通貨です。 その大きな特徴は、法定通貨で言うところの 中央銀行といった管理者が存在しない ことです。

ビットコインの価値は何ですか?

国家という権威ではなく、予め決められたプログラムに沿って取引を行う世界中のユーザーからの信頼によって、ビットコインの価値は保たれているのです。 ビットコインは誕生した当時から、 発行枚数が2,100万枚と決められています。 これは、ビットコインの仕様であり、予めプログラムに組み込まれていますので、それ以上発行されることはありません。 現在、発行されている暗号資産の多くは、最終的な発行上限が決められています。

ビットコインのドメイン名は何ですか?

ドメイン名「bitcoin.org」が2008年8月18日にインターネット上に登録され [149] 、10月31日に「 サトシ・ナカモト 」の名前で「 ビットコイン:ピアツーピア電子キャッシュシステム 」というタイトルの論文が暗号化メーリングリストを通して投稿された [150] [151] 。 Nakamotoは、ビットコインソフトウェアをオープンソースコードとして実装し、2009年1月3日にナカモトがジェネシスブロックとして知られるチェーンの開始ブロックをマイニングしたときにビットコインネットワークが作成された [152] [153] 。

ビットコインの発行枚数はどのくらいですか?

ビットコインは誕生した当時から、 発行枚数が2,100万枚と決められています。 これは、ビットコインの仕様であり、予めプログラムに組み込まれていますので、それ以上発行されることはありません。 現在、発行されている暗号資産の多くは、最終的な発行上限が決められています。 ただし、その数量はまちまちで、数字の根拠もそれぞれ違います。 現実の法定通貨では、中央銀行の経済政策によって通貨の流通量を増減させることが可能で、それにより景気動向を誘導していくことができます。 その一方で、必要以上の通貨を流通させてしまうと、通貨の価値が下がりインフレを引き起こしてしまいます。