仮想通貨「tITAN」はなぜ大暴落したのか?

今回大暴落したTITANは、暗号資産「IRON」の価値を担保するためのトークンです。 IRONの公式ドキュメントには「無担保の暗号資産では、価格が暴落した時に精算できない」と記載されており、IRONは自身の価値を担保するために、IRONをステーブルコインの「USD Coin(USDC)」と、独自のトークンであるTITANを組み合わせて償還できる仕組みを導入し、「1IRONにつき75セントのUSDCと25セントのTITAN」と償還できるようにしていました。 このIRONをUSDC&TITANと償還可能な仕組みについては、IRONの価値が1ドルを下回った際に破綻する可能性が指摘されていました。 Now what worries me is the opposite scenario.

初心者におすすめの仮想通貨は何ですか?

みんかぶ暗号資産(仮想通貨) がおすすめです。 国内での取扱通貨はもちろん、まだ国内での取り扱いのない時価総額の高い仮想通貨の価格情報やチャートも確認できるため、いち早く仮想通貨の情報を手に入れることができます。 初心者におすすめの仮想通貨はどの通貨ですか? 初心者の方には ビットコイン がおすすめです。 邪道で 草コイン と呼ばれる超低価格の仮想通貨を買って大きく何百倍の利益を追求したい気持ちはとてもわかりますが、自分の大切なお金ですしまずは堅実にビットコイン取引をしてみることをおすすめします。 ビットコイン以外のおすすめ仮想通貨はどの通貨ですか? ビットコイン以外では、 ホワイトリスト でビットコインに次ぐ時価総額の イーサリアム がおすすめです。

仮想通貨初心者必見!ビットコインの将来性とは?

仮想通貨初心者であれば、まずは「ビットコインから」と言われる理由はこうした「取引のしやすさ」に由来しているんですね! もちろん将来性に関しても光るものがあります。 具体的な今後の注目ポイントと期待される理由は以下の通り。 さらに、ビットコインには「発行上限(2,100万枚)」が設けられており、希少性も兼ね備えています。 もし、 上記4点が実現され「需要」が高まれば価格はさらに高騰する可能性が高い でしょう。 ストックフローモデル という分析では1,000万円、最終的には1億円にもなる予測が立てられています。 参考: ビットコインが将来1000万円に? ストックフローモデルについてわかりやすく解説

仮想通貨取引所ってどうなの?

仮想通貨取引所において流動性の高さというものは非常に重要な指標です。 取引量が多いということは「流動性の高い」という事になるので、注文が約定しやすく大口取引も行いやすい でしょう。 また、 bitFlyer ではビットコインを実際に使ったり、買い物をしてポイント的にもらったりといった実用的なサービスが充実しているため、日常でも活用することができます。 人気や知名度、取扱通貨の多さ、アプリの使いやすさ、セキュリティーの高さなど、総合的に見てバランスの良い優秀な取引所 と言えるでしょう。 初心者におすすめの扱いやすいインジケーターはありますか? 初心者の方は、まずは「移動平均線」が比較的分かりやすくおすすめです。 一定期間の終値の平均を線で繋いだもので、トレンド(相場の方向性)が分かります。