Yuga Labs、ETHマージ後のNFTライセンス方針を発表

08/19/2022著者: c, dora

閲覧数: 0

Bored Ape Yacht Club(BAYC)」やCryptoPunksなど高級NFT(非代替性トークン)コレクションを複数手掛ける制作スタジオYuga Labsは18日、9月に控えたイーサリアム「Merge(マージ)」後のNFTライセンスの方針を発表した。

関連:イーサリアム(ETH)、「The Merge」からもたらす影響は?

 

PoW(プルーフ・オブ・ワーク)フォークが発生した場合、Yuga LabsはPoS ETHチェーン上のNFTのみを、関連するNFTライセンスの対象であり、Yugaが提供するユーティリティの資格があるものとして認識する予定。

関連:【仮想通貨】PoWとPoSどっちが良い?初心者向けかんたん解説

 

Yuga Labsの18日のツイートとしてはNFTのフォークが起こった場合を想定したものとなる。

 

つまり、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)のNFTのみが今後の版権の利用やエアドロの対象になるという認識。

 

PoW(プルーフ・オブ・ワーク)のNFT(非代替性トークン)は関連性のないものとして、今後のユーティリティや特典の対象から外れるというものとなっている。

 

イーサリアム(ETH)のマージ(Merge)は9月に行われる大型のアップデートで、現状のコンセンサスではPoW(プルーフ・オブ・ワーク)を採用しているが、このアップデートでPoS(プルーフ・オブ・ステーク)に移行することにより、チェーンがフォーク(分岐)する可能性が示唆されている。

 

そのため仮想通貨だけでなく、NFTもPoWとPoSの両チェーンで分岐する可能性もあることが言及されており、各プロジェクトでどのような対応が行われるかも注目。

 


NFTや仮想通貨などに関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

 

BTCC仮想通貨取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

BTCC口座開設・会員登録

BTCCアプリをダウンロード・立ち上げる【iOS】

 

 

【あわせて読みたい】

仮想通貨GSTとは?概要や特徴・買い方などを徹底解説

STEPN(GMT/GST)とは?仮想通貨GSTとGMTの違いを解説

STEPNの始め方、仮想通貨GSTの稼ぎ方を徹底解説

【STEPNアップデート】新機能HP(ヘルスポイント)とは?

【STEPNアップデート】ミンティングスクロール(Minting scroll)とは?