VISA、NFTサポートプログラムを実施開始

03/31/2022著者: c, dora

VISA、アーティスト向けのNFT支援プログラムを正式に開始

アーティスト向けのNFT支援プログラム


30日、米国の決済大手であるVisa(ビサ)は、クリエイター向けのNFT(非代替性トークン)支援プログラムを実施開始と発表した。今後もNFT関連製品の開発において、Visaもサポートしていく。

 

このプログラムは、アーティスト、ミュージシャン、ファッションデザイナー、映画メーカなどの独創製作者に、NFTについて1年の間に成長していく機会を与える。具体的には、次の5つの分野で支援するという。

 

  1. ブロックチェーン、スマートコントラクト、NFT市場などのテクノロジーまたは製品に関するアドバイス
  2. 他のNFTクリエイターとアイデアを交換し、コミュニティを構築する機会
  3. 暗号資産などの最全線でアクティブな人々の話を聞く機会
  4. Visaのクライアントやパートナー会社とのやり取り
  5. クリエイターの成長を支援するための助成金

 

Visaの暗号資産事業部の責任者シェフィールド氏は、The Blockに次のように語った。

 

クリエイターがこれらのメディアに更なる投資するにつれて、NFTは、さまざまな形をとることができます。NFTにより新しいファン、製品、サービスを作成できるように、クリエイターを支援したいと考えています。

 

NFT関連事業の展開を模索し続ける


NFTの可能性については、Visaもこのプログラムにより探ることもできるという。シェフィールド氏は、NFTがアーティストに与える機会や、解けるべきである課題、またNFTがクリエイターの作品を収益化する上で果たしうる役割を理解することについて話した。

 

シェフィールド氏は、Visaは「アーティスト向けのプラットフォームを含む新製品やソリューションの開発を続けている」と述べている。

 

Visaは、このプログラムで育成できるアーティストの人数はまだわからない。シェフィールド氏は、適切な支援を行うために、参加者の規模をできるだけ小さくしたいと指摘した。

 

プログラムへの参加を希望する方は、質問事項に書面で回答した後、最終選考のため面接を受けるという。

 

Visaは、公式発表でNFTがクリエイティブにもたらすメリットについて説明している。

 

NFTは、画像、ビデオ、音楽などのデジタル製品やメディアの所有権を確立し、その作品が本物であると証明することもできる。これはアーティストの収入源の1つとなり、ビジネスの成長も応援する。