DeFi保険企業「Uno Re」、暗号資産向けカバーポータルを開設

04/24/2022著者: c, dora

DeFi保険企業「Uno Re」、暗号資産向けカバーポータルを開設

DeFi保険企業「Uno Re」、暗号資産向けカバーポータルを開設


DeFi(分散型金融)保険プラットフォームのUno Reは23日、DeFiユーザーが号資産(仮想通貨)にすぐに保険をかけることができるカバーポータルを本日開始したと発表した。

 

同社は、2022年第1四半期に前年同期比で複数倍に増加したハッキング被害の可能性の中で、DeFiにおけるアクセス可能な保険のニーズに対応するものだと述べた。

関連:DeFiハッキング被害が発見、損失合計16億円超

 

カバーポータルは、ユーザーのウォレットをスキャンし、その中の保険対象資産を検出してAIベースのアルゴリズムを用いて考えられるリスクを測定し、ユーザーがオンチェーン暗号資産を確保することを可能にするという。これにより、ユーザーは暗号資産USDCで保険料を支払うことができる。

関連:メタマスク、ハッキング防止でiCloudバックアップ無効を要請

 

 

【他の記事】

暗号資産EOS(イオス)とは?初心者向けEOSの特徴を解説

小売店、ビットコインへの関心が低下 グーグルデータが示唆

ブロックチェーンフェスト2022、6月2日にシンガポールで開催

暗号資産(仮想通貨)のイベントカレンダー(4月22日更新)

米a16z、暗号資産とWeb3専門のラボを設立

ビットコインマイニング会社、5.5億ドルの資金調達を発表