ウクライナ、人気NFTの「CryptoPunk#5364」を売却

06/21/2022著者: c, dora

人気NFTの「CryptoPunk#5364」を売却

人気NFTの「CryptoPunk#5364」を売却


ウクライナのデジタル変革省のアレックス・ボルニャコフ(Alex Bornyakov)副大臣が20日、ウクライナはロシアの侵攻に対抗するための寄付として3月上旬に受け取った人気NFT(非代替性トークン)「CryptoPunk #5364」を売却したとツイートした。

 

買い手は匿名で、売却価格は90ETH(本稿執筆時点で約10万ドルに相当する)。イーサリアム(ETH)が下落トレンドになる前の3月には、その価値は約26万ドルと推定されていた。

 

2月にウォレットを公開して以来、ウクライナは合計1億3500万ドル(約180億円相当)以上の暗号資産(仮想通貨)による寄付を集め、その中には国旗のNFT売却による675万ドルも含まれている。

 

新しいブランド責任者をYuga Labsが採用したとのニュースを受け、CryptoPunkはここ数日で急騰している。

 

また、BTCC暗号資産取引所が今月上旬に報じたように、ウクライナ・ブロックチェーン協会のマイケル・チョバニアン会長が11日、テキサス州オースティンで開催されていた「Consensus 2022」で、ウクライナは「芸術品や歴史的遺産の一つひとつ」をデジタル化しブロックチェーン上にNFTとして保存ていくと発表した。ロシアのウクライナ侵攻で、貴重な建築物や博物館などの文化遺産が破壊される危険にさらされていることが要因となった。

関連:ウクライナ、芸術品や歴史的遺産をNFT化と発表

 

 

【他の記事】

ビットコインマイニング銘柄レポート|5月5日

OpenSea、ディスコードがハッキング被害 詐欺NFTリンクへ誘導

NFTプラットフォームCo:Create、 A16z主導で2500 万ドルを調達

ビットコイン会社Casa、2100万ドルを調達 新APIを提供開始

テラ、24時間で2回目のブロックチェーン停止を実施

中国、ビットコイン採掘の世界シェアの2位を奪還