トロン創設者、ステーブルコインUSDDの裏付け詳細を発表

06/07/2022著者: c, dora

USDDの裏付けに関する詳細を発表


トロン(TRX)ブロックチェーンの創設者ジャスティン・サン氏が新たなアルゴリズム型ステーブルコインのUSDDの裏付けに関する詳細を発表した。これは、主要なアルゴリズム型ステーブルコインのテラUSD(UST)が破綻したことを受け、プロジェクトへの信頼を保つための取り組みのようだ。

トロン創設者、ステーブルコインUSDDの裏付け詳細を発表

トロンDAOリザーブのウェブサイトによると、USDDは様々な仮想通貨やステーブルコインに裏付けられており、それらは合計すると常に、流通しているUSDD総額の130%以上となる。トロンのネイティブトークンであるTRX、ステーブルコインテザー(USDT)ビットコイン(BTC)などが担保となっている。

 

USDDは5日、初めてウェブサイト上で担保比率のリアルタイム情報を公開した。UTC(協定世界時)6日9時時点では、USDDの担保比率は226.1%で、8億4180万ドルの準備金を持っているという。当然のことながら、USDDを過剰に担保する動きは、他のデジタル資産に部分的にしか裏付けられていなかったUSTの破綻を受けたものだと推測されている。

 

サン氏によると、USDDを過剰に担保する動きは常に計画されていたものだという。また、同氏はUSTの破綻後に優先度を高めたことは認めた。

 

22年4月にローンチされたUSDD


ステーブルコインUSDDは、つい最近の22年4月にサン氏がローンチしたものだ。同氏は当時、これを「人類史上最も分散化されたステーブルコイン」と呼んでいた。しかしこの計画は、アンカー・プロトコル上のデポジッターに20%の配当を提供していたことで知られる破綻したUSTと同じモデルに基づいているとして、広く批判を浴びた。

関連:TRON創設者、暗号資産担保のステーブルコインUSDDをローンチ

 

トロンDAOリザーブのウェブサイトによると、USDDは現在コインをステーキングしている保有者に30%の利息を提供している。これは、同プロジェクトのホワイトペーパーで当初から約束されていた30%の「ベンチマーク利息」と一致し、USTが提供していたものよりも遥かに大きい。

 

※BTCC暗号資産取引所は、レバレッジ付きのビットコイン(BTC)先物やイーサリアム(ETH)先物取引サービスを提供しておりますので、ご興味ありましたら下記のサイトへご確認ください。

関連:BTCCでビットコイン(BTC)先物取引のやり方【初心者向け】

関連:BTCCでイーサリアム(ETH)先物取引のやり方【初心者向け】

 

 

【他の記事】

三井住友トラスト、デジタル資産信託会社を立ち上げへ

バレンシアガ、暗号資産決済に対応予定

テラ「リバイバルプラン2」を立ち上げ、コミュニティに混乱へ

暗号資産取引所Huobi、南米取引所Bitexを買収

テラ財団、13億TerraUSDをバーンすると決定

タイ政府、暗号資産送金の付加価値税を免除