香港タイムズスクエア、「メタバース」の出店を発表

04/26/2022著者: c, dora

閲覧数: 0

香港のタイムズスクエアモールは、レプリカのメタバースロケーションを発表し、バーチャルな世界に参入する。さらに、同モールは、Bunny WarriorsとAiRメタバースと連携し、すでにオンライン世界に香港のバージョンを構築している。

香港タイムズスクエア、「メタバース」の出店を発表

香港のメタバース、足元の改善に期待


香港タイムズスクエアモールのメタバース導入により、今回の提携は、AiRメタバースへのショッピングモールの初参入となった。AiRのメタバースにおいてアップデートの最新作です。AiRメタバースは、生活のあらゆる場面をメタバースにつなげることを目指している。

 

AiRのテレンス・チャウCEOは「タイムズスクエアとのコラボレーションを皮切りに、買い物客に最初の、またはユニークなメタバース体験を提供し、我々が一般市民にとって最も身近で実用的なメタバースであることを示したい」と述べた。

 

また、新しいメタバース提携により、タイムズスクエアの足回りが改善されるとの期待もある。小売業界全体にとって、厳しい状況が続いている。

 

さらに、多くの企業が、社会的距離を置くルールやコロナの規制がまだ残っている中、売上を伸ばす方法を模索している。メタバースにモールのレプリカを設置し、ユーザーが商品を閲覧・購入できるようにすることは、ユニークな方法の一つとなる。

 

最後に、メタバースのモールでは、すでにタイムズスクエアの展示が行われている。バニーウォリアーズのポップアップストアで、人気のメタバースゲームを体験することができる。さらに、60種類のバニーウォリアーズNFT(非代替性トークン)もメタバースモールで購入可能となる。

 

メタバースに関する業界の動き


メタバースはますます注目を集めている。世界初の「メタバースファッションウィーク(Metaverse Fashion Week)」が3月24日から四日連続で開催された。また、来月7日から「Meta Ventures Phuket」はタイで開催され、デジタルアートとブロックチェーンの分野におけるイノベーションセンターとして、タイの活発な発展が期待される。

関連:世界初開催の「メタバースファッションウィーク」について

関連:メタバースイベント『MetaVentures Phuket in Thailand』の開催

 

メタバースは現在、多くの分野に応用している。例えば、メタバースで教育を実施する場合、生徒も教師も、現実の場所に関係なく、バーチャルリアリティヘッドセットを介してメタバースで会うことができる。また、メタバースもお金を稼ぐ方法として、投資者たちに注目されている。メタバースがもたらす教育方法や投資方法について、下記の記事をご覧ください。

関連:メタバースがもたらす教育方法のメリット・デメリット

関連:メタバースでお金を稼ぐって本当?今さら聞けないメタバース!

 

会社からメタバースへの動きとしては、大手金融サービス会社のマスターカード(Mastercard)が今月7日、暗号資産(仮想通貨)における商標のリングに脱帽し、NFT(非代替性トークン)やメタバースなどに関連する新しい出願を行った。

関連:Mastercard、十数種類のメタバースとNFTの商標を申請