テラのDeFiプラットフォーム、9000萬ドルの不正流出

05/31/2022著者: c, dora

テラのDeFiプラットフォーム、9000萬ドルの不正流出

テラのDeFiプラットフォーム、2億円以上の不正流出


暗号資産テラ(LUNA)」のブロックチェーン上に構築されたDeFi(分散型金融)プラットフォーム「Mirror Protocol」が、資産を不正に流出させた可能性があると報じられた。

 

「Mirror Protocol」は、株式などをトークン化した合成資産を取引することができるプラットフォーム。現時点では公式発表は確認できないが、今回の不正流出により、9000万ドル以上の資産が引き出された可能性がある。 このままでは不正流出が続く恐れがあると警鐘を鳴らしている。

 

今回の問題は最初、テラリサーチフォーラムのメンバーらによって、週末にツイッターやフォーラムで報告された。2021年10月には、114億円(9,000万ドル)相当の資産が流出していた可能性があることも確認されていた。

 

今回の件にはブロックチェーンのセキュリティ企業BlockSecも調査に協力しており、同社も2021年10月に不正流出が起こっていた可能性があるとした。

 

ディペッグ(急落)騒動を受けて、週末にかけてチェーンのフォークを完了。今回の不正流出は旧ブロックチェーン「テラクラシック」の方で起きている。

 

テラ・ブロックチェーンは、LUNAトークンおよび米ドルステーブルコインテラUSD(UST)」の混乱を受け、週末にチェーンのフォークを完了した。 最近の不正流出は、旧ブロックチェーン「Tera Classic(テラクラシック)」で行われている。

関連:テラ(LUNA)・UST暴落からもたらす影響を解説

 

【他の記事】

テラ財団、13億TerraUSDをバーンすると決定

タイ政府、暗号資産送金の付加価値税を免除

「Play-to-Earn」のNFTゲーム、Finderによるランキング調査

メタマスク、仮想通貨詐欺の被害への法的支援目指す

パラグアイ下院議会、暗号資産規制法案の可決を承認

FTXのCEO、数十億ドル規模の資金で他社株買収を検討