ライトニングラボがTaroを発表、ステーブルコイン発行を検討

04/06/2022著者: c, dora

ライトニングラボ、新プロトコル「Taro」を発表、ステーブルコイン発行を検討

ライトニングラボ、新プロトコル「Taro」を発表


暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)のオフチェーン技術ライトニングネットワークの主要な開発者であるライトニングラボ(Lightning Lab)は5日、ステーブルコインなどの資産をビットコインのネットワークで発行することを可能にする新レイヤー2プロトコル「Taro」を発表した。同時に、シリーズB資金調達ラウンドで7千万ドル(87億円相当)を調達したと明らかになった。

 

2016年に成立されたLightning Labs(ライトニングラボ)によって開発したソフトウェアが、ツールを構築するために、300社を超える企業に利用されている。

 

ステーブルコインをライトニングネットワークで利用へ


 

Taroと呼ばれるこのプロトコルは、ステーブルコインをライトニングネットワークで使用することを可能にする。Taroについて、ライトニングラボは公式の発表で次のように述べた。

 

Taroは、ステーブルコインなどを使って、法定通貨からビットコインへ変わることを容易にする。また、Taroはビットコイン流動性を使用してこのプロトコルに発行された資産に直接資産をデータの送信経路を割り出し、つまりルーティングするようになると、ライトニングネットワーク上のビットコインの需要が向上させるという。

 

ライトニングラボのCEO(最高経営責任者)であるエリザベス・スターク(Elizabeth Stark) 氏はステーブルコインコインが現在、日常的な支払いではなく、主に暗号資産関連の取引とDeFi(分散型金融)で使用されることを指摘した。

 

同氏によると、多くの大企業は現時点で、すでにTaroを利用して、ライトニングネットワーク上でステーブルコイン発行を検討していくという。