岸田首相、仮想通貨税法を改正する意向を表明

06/01/2022著者: c, dora

仮想通貨税法を改正する意向


岸田文雄首相は、Web3.0(分散型ウェブ)に関連する成長を刺激するために、批判が多い暗号資産(仮想通貨)税法を改正する意向を表明した。

岸田首相、仮想通貨税法を改正する意向を表明

岸田首相は先週、国会答弁でWeb3.0が経済成長を促すと述べ、ビジネスファーストの法改正を進める構えを示唆した。5月初旬には、英国の投資家にWeb3.0について語り、ブロックチェーン技術NFT(非代替性トークン)メタバースなどについての意見を述べた。

 

しかし、前首相・政府が導入した仮想通貨に対する厳しすぎる税制が、日本の仮想通貨取引所や関連企業や人材を海外に追いやったという批判がある。仮想通貨を雑所得に分類する(譲渡所得税法で仮想通貨の利益を課税するのではなく)現行の仮想通貨税政策に激しく反対している人の一人が、野党民主党の玉木雄一郎議員だ。

 

玉木議員は先日、現行の仮想通貨システムを廃止し、仮想通貨を保有・発行する国内企業への課税を軽減するよう政府に要請した。

 

玉木議員は、同日の国会予算委員会で岸田総理に異議を唱えた。 玉木議員は、「政府は仮想通貨が法定通貨に取引されたときだけ企業や個人に課税すべきだ」と主張した。岸田首相は、「この提案については慎重に検討する 」と答えた。

 

 

【他の記事】

メタマスク、仮想通貨詐欺の被害への法的支援目指す

パラグアイ下院議会、暗号資産規制法案の可決を承認

FTXのCEO、数十億ドル規模の資金で他社株買収を検討

米MoneyGram、ステーブルコイン送金サービスを提供

イーサリアム、「The Merge」に向けた最初のリハーサルを迎え

テラのDeFiプラットフォーム、9000萬ドルの不正流出