「オペラ3」を積極的に推進、8つのブロックチェーン対応を追加

03/31/2022著者: c, dora

オペラ、Web3を積極的に推進、8つのブロックチェーン対応を追加

暗号資産に強いウェブブラウザオペラは、8つの主要なブロックチェーンエコシステムを統合すると発表した。これは、数千万人のユーザーが分散型アプリケーションへのアクセスを容易にできるようになることを意味する。

 

ビットコイン、ソラナ、イーサリアム、ポリゴンが現在サポートされているネットワークに含まれる。また、Proof-of-STAKEのブロックチェーンに焦点を当てることで、ユーザーが「より低い手数料とより速いトランザクションを享受しながら、二酸化炭素排出量を最小限に抑え、かつイーサリアムの強固な分散化とセキュリティを活用する」ことができるようになることが期待されている。

 

オペラは、環境に配慮した方法で「何百万人ものユーザーをシームレスにWeb3に乗せたい」と述べており、複数のネットワークを採用することで、「チェーンにとらわれない」状態を確保することができるのである。

 

同社のモバイル担当EVPであるJorgen Arnesen氏は、Operaが過去4年間、暗号を「概念実証から大量採用へ」と加速する探求の一環として、「最先端の」ブロックチェーン・プラットフォームとWeb3ドメイン名プロバイダーとのパートナーシップを確保してきたと語り、こう付け加えました。

 

「最終的に、Web3は主流のWeb技術になりつつあり、ユーザーは自分がWeb3を使っていることを意識する必要がなくなります。優れたユーザー体験と真の利益を得る必要があるのです” と述べています。

 

これは、Web3や暗号プロジェクトが実現するために極めて重要なこと、つまり使いやすさについて触れています。多くのプラットフォームは、Web2の世界でストレートなデザインに慣れたユーザーにとって、かなり不格好で直感的でない体験を提供することになりました。