野村HD、仮想通貨事業新会社をスイスで立ち上げへ

2022/09/22著者: c, dora

野村ホールディングスは21日、デジタル資産(仮想通貨)事業をスイスで立ち上げ、新会社名を「レーザー・デジタル(Laser Digital )」としたことを発表した。

また、新会社の会長にSteven Ashely氏、CEOにJez Mohideen氏を任命したことを明らかにした。

 

スイスでの新子会社は、セカンダリー取引、ベンチャーキャピタル、投資家向け商品に焦点を当てる。

 

新たに立ち上がった子会社の展開に対して、野村ホールディングスは「野村の機関投資家ビジネスにおける専門知識とグローバルな顧客基盤を基に、レーザーデジタルはデジタル資産の分野で顧客に新たな価値を提供していく」と説明している。

 

最近純収益を倍増させた野村ホールディングスが、今年5月にデジタル資産会社を新たに設立する計画を発表した。

 


仮想通貨などに関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

 

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

【あわせて読みたい】

FTX Japan、BTC・ETH・ SOL・ AVAX・ LTC四半期先物を取扱いへ

DEA社、新作『神櫓-KAMIYAGURA-』を2023年秋にローンチ予定

イーサリアムクラシック (ETC)は10%急騰、マージ後ハッシュレートは400%上昇

ApeCoin (APE) 、独立したBAYC NFTマーケットプレイスが登場

ETHPoW(ETHW)、リプレイ攻撃で200WETHを流出

小橋賢児氏、メタバ―ス都市「Oasis TOKYO」クリエイティブディレクターに就任

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード