NFTプラットフォーム「Rario」、1.2億ドルの資金調達を発表

04/22/2022著者: c, dora

閲覧数: 0

NFTプラットフォーム「Rario」、1.2億ドルの資金調達を発表

NFTプラットフォーム「Rario」、1.2億ドルを調達


クリケットNFT(非代替性トークン)プラットフォームのRarioは21日,、Dream SportsのベンチャーキャピタルとM&A部門のDream Capitalが主導する1億2000万ドルの資金調達を発表した。

 

Alpha Wave Globalと共に、Dream Capitalは既存の投資家であるAnimoca Brands、Presight Capital、Kingsway Capitalに加わることになる。

 

シンガポールを拠点とするRarioは、クリケットファンにNFT(非代替性トークン)選手カード、ビデオモーメント、クリケット工芸品などを提供している。同社によると、昨年の発売以来、5万枚以上のNFTを販売している。

 

 

スポーツ業界、NFTを相次いで作成


スポーツチームは最近、NFTの流行にいち早く乗っかっている。12月にはマイケル・ジョーダンが1000万ドルのシード資金を確保し、ファンとのエンゲージメントプラットフォーム「Heir」を立ち上げた。先月には、約2.3SOL(約220ドル相当)で販売された最初のNFTをドロップした。

 

サッカーでは、欧州・中東・アフリカ地域のチームや組織のファン向けNFT立ち上げを専門に支援するエージェンシー、Capital BlockのCEOであるTim Mangnall氏が、イングランド・プレミアリーグの全20クラブがNFTへの関与を検討していると主張した。しかし、同氏は、NFTプロジェクトの「95%」は失敗する運命にあるとも考えており、買い手には注意を促した。

 

実際、LaLigaとマクラーレンF1チームをパートナーに数えていたファンエンゲージメントプラットフォームIqoniqの清算は、すでに暗号資産スポーツスポンサーシップに関する規制強化を求める声につながっている。また、12月にはイギリスの広告基準局が、暗号資産(仮想通貨)に対する顧客の経験不足を利用したという理由で、アーセナルのファン・トークンの広告を禁止している。

 

とはいえ、スポーツクラブがNFTを作成するこの傾向は、まだ衰える気配がない。Deloitte Globalは、スポーツメディアのNFTは今年20億ドル以上の収益を上げ、2022年末までに400万~500万人のスポーツファンがNFTスポーツコレクタブルを購入または贈呈されると予測している。

 

 

Rario、NFTに向けてこれまでの動き


Rarioはこれまでに、6つの国際チームと独占提携し、900人以上のクリケッターを登録している。最近、クリケット・オーストラリアおよびオーストラリア・クリケット選手協会と複数年の独占提携を結び、コレクショングッズとゲームによるオーストラリアのクリケット・メタバースを構築した。

 

今回の投資により、同社はドリームスポーツの1億4千万人のユーザーにアクセスできるようになり、彼らに対してインドでより多くのフィアット専用商品を提供する予定。ドリームキャピタルは、スポーツ、ゲーム、フィットネス技術に特化した9社のポートフォリオを持っている。

 

 

【他の記事】

米Robinhood、暗号資産ウォレット企業「Ziglu」を買収へ

分散型IDサービス開発「Spruce」、a16z主導で3400万ドル調達

LVMH、暗号資産やNFTを慎重に検討

ブロックチェーン関連企業「BlockApps」、4100万ドルを調達

暗号資産取引所「Bitfinex」、一時取引停止へ

DeFi開発者Andre Cronje氏、暗号資産規制を検討