NFTマーケットプレイス「PLT Place」、NFT二次流通取引高が1億円を突破

2022/09/21著者: c, dora

HashPalette(ハッシュパレット)が提供するNFTマーケットプレイス「PLT Place」は、NFT二次流通取引高が今年9月1日のマーケットプレイス機能ローンチ後20日間で1億円を突破したことを発表した。また、一次流通も含めた総取引高(ギルド販売分を除いた取引高)については5億円超を記録した。

「PLT Place」とは


「PLT Place」とは、2022年4月にオープンした、HashPaletteが運営するNFTマーケットプレイスだ。

 

PLT Placeでは、2021年7月にHashPaletteが国内で初めてIEOを実施した「PLT(パレットトークン)」を決済で利用することができる他、クレジットカードでの決済にも対応。

 

また、PLT PlaceはHashPaletteが手がけるNFTに特化したブロックチェーン「Palette(パレット)」を採用し、ユーザーはガス手数料無料で売買を行うことが可能。

 

2022年9月1日より、ユーザー間でNFTの売買が可能となる二次流通機能が利用可能となった。

 

「PLT Place」上の取扱いNFT


PLT Placeでは、2022年9月21日現在、以下のNFTが売買可能となる。

 

  • 日本初のPlay to Earn型ブロックチェーンゲーム『ELF Masters』
  • 日本を代表するNFTコレクション『CryptoNinja』から派生したカジュアルミニゲームプラットフォーム『CryptoNinja Party!』
  • PLT Place初の国産ジェネレイティブNFTプロジェクト『Tokyo Mongz Hills Club』

 

さらに、2022年10月には、累計777万DLを突破した本格オンラインRPGである『De:Lithe』のPlay to Earn型ブロックチェーンゲーム『De:Lithe Φ(ディライズファイ)』のゲームNFT第1回セールを予定している。

 


NFTや仮想通貨などに関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

 

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

【あわせて読みたい】

BOBG社、CryptoGamesと『NFT Wars』で協業を発表

Kawaii Meta Collage、P2Eゲーム『NFT Wars』への参画を発表

BOSO TOKYO(暴走東京)NFTの買い方・購入方法を解説

ポートフォリオ型SNS「PortFolder」、NFTギャラリー機能を実装

ProofX、NFT発行サービス「ProofX」正式版をリリース

家電大手LG、ヘデラと提携でNFTプラットフォームを立ち上げ

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード