NFTゲーム『Decentraland』、エモートNFTをリリース

09/21/2022著者: c, dora

NFTゲーム『Decentraland』が20日、全てのユーザーにエモートNFTをリリースしたと発表した。

『Decentraland』について


『Decentraland』は、ユーザーがアバターとして『Decentraland』のメタバースに入り、他のユーザーとのコミュニケーションを楽しんだり、構築されたコンテンツで遊ぶことができるゲーム。

ユーザーが作製したコンテンツを配置し、自由に空間をデザインすることができ、作製した施設やコンテンツを利用してユーザー同士の交流を楽しむことも可能。

 

エモートNFTの作成・販売が可能


Decentralandには、自分の感情を体で表すエモート機能がもともと備わっている。今回は、ユーザーがエモートを好きなように作成ができ、NFTとして販売できるようになった。

 

ウェアラブルNFTと同様に、クリエイターはエモートを作成することができる。また、NFTとしてDecentraland専用のマーケットプレイスで販売が可能。

 

販売までのプロセスは、ウェアラブルNFTと似ており、クリエイターは発行手数料を支払いキュレーション委員会が承認するのを待つ。またレアリティもウェアラブル同様に設定してあり、レアリティによって発行枚数が異なる。

 

エモートNFTについて


エモートNFTは、Polygon/Maticのサイドチェーンでミントされ、ユーザーはガス代を支払うことなくミント、購入、販売、転送が可能。

 

エモートNFTは、既にDecentralandの専用マーケットプレイスでいくつかの販売がされている。また、どんなエモートなのか自分のアバターと合わせて確認することもできる。

 


NFTや仮想通貨相場などに関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

 

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

【あわせて読みたい】

NFTに関する米国の規制を解説

ERC721Rとは?最も安全なNFTプロトコルについて

NFTの投資タイミングは?NFT投資のやり方を解説

BOSO TOKYO(暴走東京)NFTの買い方・購入方法を解説