小橋賢児氏、メタバ―ス都市「Oasis TOKYO」クリエイティブディレクターに就任

09/20/2022著者: c, dora

仮想通貨取引所コインチェックが『The Sandbox』と共同で制作を進めるメタバース都市「Oasis TOKYO」のクリエイティブディレクターに、小橋賢児氏が就任したことを発表した。

小橋賢児氏「Oasis TOKYO」クリエイティブディレクターに就任


小橋賢児氏は今後、コインチェックが『The Sandbox』上に開発を進めるメタバース都市「Oasis TOKYO」にクリエイティブディレクターとして参画し、「Oasis TOKYO」におけるユーザー体験のコンセプトやストーリーの策定に携わっていく予定。

 

小橋賢児氏は、国内外の数多くの大規模イベントのみならず、都市開発や街づくりの実績も有するクリエイティブディレクターだ。2021年には、東京2020パラリンピック競技大会閉会式のショーディレクターを務めた。現在は、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の催事企画プロデューサーを務めるなど、多岐にわたり活動されている。

 

2021年後半よりメタバースやWeb3に注目が集まり、これまでのSNSやその上に成り立っていたコミュニティの形が変化していくと言われている中で、コインチェックは小橋賢児氏との協働により「Oasis TOKYO」を独自の世界観やストーリーを持つメタバースとすること、また、「Oasis TOKYO」を訪れるユーザーにとって本質的で豊かな体験価値・コミュニティを創造することを目指している。

 

Oasis TOKYOとは


Oasis TOKYOは、「2035年の未来都市」をコンセプトに、コインチェックが保有する『The Sandbox』上の土地「LAND」に、メタバース×NFTのコミュニティを創るプロジェクト。

 

Oasis TOKYOは、日本を連想させる象徴的な街並みの中に美術館やステージなど様々なイベント施設を設置し、あらゆる分野のアーティストとファンとの交流や、企業のコミュニティ育成の場として活用してもらうことを目指している。

 

The Sandboxとは


『The Sandbox(ザ・サンドボックス)』は、イーサリアムのブロックチェーン技術を基盤とした、ユーザー主導のゲームプラットフォーム。ユーザーはメタバースと呼ばれる仮想空間上に「LAND(土地)」を購入・レンタルをすることで、オリジナルのゲームやアイテム、キャラクター、サービスを作成することができる。

 

また、ユーザーは所有するLANDやアイテム、キャラクターをNFT(Non-Fungible Token)としてプラットフォーム上で自由に売買することも可能。ダウンロード数は4,000万回、月間アクティブユーザー数はピーク時には100万人を超え、シリーズ最新作は世界で最も期待されているブロックチェーンゲームトップ50の13位に選出された。

小橋賢児氏について


小橋賢児氏は1979年に東京都生まれ。88年に俳優としてデビュー、数多くの人気ドラマに出演。2007年に芸能活動を休止し世界中を旅する。帰国後『ULTRA JAPAN』のクリエイティブディレクターや『STAR ISLAND』の総合プロデューサーを歴任し国内外で成功させる。500機のドローンを使用した夜空のスペクタルショー『CONTACT』はJACE イベントアワードにて最優秀賞の経済産業大臣賞を受賞。

 

2021年、東京2020パラリンピック競技大会閉会式のショーディレクターを務め、また、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の催事企画プロデューサーに就任する。その他、地方創生、都市開発に携わるなど常に時代に新しい価値を提供し続けている。

 


メタバースや仮想通貨相場などに関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

 

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

【あわせて読みたい】

メタバースがもたらす教育方法のメリット・デメリット

メタバースとは?その概要をわかりやすく解説

メタバースでお金を稼ぐって本当?今さら聞けないメタバース!

2022年The Sandboxの土地「LAND」の価値|メタバース

今週メタバースでの動き(4月25日まで)|注目ニュースまとめ

XANA(ザナ)とは?木梨憲武がXANAでメタバースに進出へ