Kawaii Meta Collage、P2Eゲーム『NFT Wars』への参画を発表

07/26/2022著者: c, dora

閲覧数: 0

全てのNFTで遊べる世界をつくるPlay to Earn(P2E)ゲーム『NFT Wars』の開発を行うCryptoGames株式会社は、あらゆる芸術とテクノロジーの融合を目指す「Opera meets Metaverse supported by Mitsubishi Estate」プロジェクトの第1弾NFTの『Kawaii Meta Collage』の参画を発表し、『Kawaii Meta Collage』のNFTが『NFT Wars』内でのゲームプレイに対応することを発表した。

『Kawaii Meta Collage』が『NFT Wars』へ参画


『Kawaii Meta Collage』のNFTを保有しているユーザーが、NFT Warsのゲーム内でカードゲームを行うことができ、ユーザーはプレイすることでガバナンストークンであるTCGコインの獲得も可能となる。

 

またユーザーがプレイすることでNFTプロジェクトへの収益還元も予定している。

 

NFT Warsは、今後も様々なNFTプロジェクトとの参画を実施し、『Kawaii Meta Collage』のNFTを保有しているユーザーとその他プロジェクトのNFTを保有しているユーザー同士で繋がることで、世界中のユーザーに最高のエンターテイメントを提供している。

 

これまで活況呈したブロックチェーンゲーム業界で、革新的、魅力的だけにとどまらず『繋がる』から生まれる社会的な存在価値、Play to Earnのその先を見据えたコミュニティーの醸成、コミュニティー主導で育む独自のゲーム性、全てのステークホルダーがメリットを享受できる参画企画を、国内だけではなくグローバルへも展開している。

 

<参画内容>

・『Kawaii Meta Collage』のNFTを所有しているユーザーがプレイ可能。

・β版のゲーム開始は順次対応予定。

 

<対象ユーザー>

『Kawaii Meta Collage』のNFTを所有しているユーザー

 

『Kawaii Meta Collage』について


Kawaii Meta Collageは「Opera meets Metaverse supported by Mitsubishi Estate」の第一弾NFTコレクションで、Kazushi Fujiiが手がける5,555個のユニークなNFTから構成される。

 

本コレクションホルダーは今後IRLイベントやセカンドコレクションのエアドロップなどの特典を受けることができる。

 

NFT Warsについて


『NFT Wars』は、手軽にNFTプロジェクトにゲームのユーティリティを付与できるサービス。ユーザーはウォレットで所有するNFTを使用し、様々なNFTプロジェクトのカードゲームで遊ぶ世界の実現を目指す。

 

また『NFT Wars』対応ゲームでは、ユーザーが獲得するPlay to Earn報酬の一部が、ゲームプレイに使用したNFTプロジェクトのオーナー・クリエイターアドレスに還元される予定。二次流通による手数料収益だけでなく、Play to Earn報酬の一部をクリエイターに還元することで、売買による支援以外の新しい収益モデルの確立を目指す。

 

<参画NFTプロジェクト募集中>

現在NFT Warsでは、参画NFTプロジェクトを募集しています。

 

CryptoGames株式会社について


NFTサービスの開発を⾏うCryptoGames株式会社は、ウォレットイーサリアムなしで遊べるブロックチェーンゲーム『クリプトスペルズ』を2019年6月25日に正式リリース。

 

クラウドセールの売上は900ETHを突破し、当時日本最高記録となった。2020年6月には初の地上波テレビCMも実施した。

 

社名: CryptoGames株式会社

設立:2018年4月20日

資本金:7,300万円(資本準備金含む)

代表取締役:小澤 孝太

事業内容:ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」、NFTサービスの開発運営