仮想通貨のマネーロンダリング防止で新ルールを導入

09/28/2022著者: c, dora

日本政府は暗号資産(仮想通貨)によるマネーロンダリング防止のために、新たなルールを導入し、顧客情報の共有を義務化すると、日経新聞が報じられた。

マネーロンダリング防止のため、顧客情報の共有を義務化


日経新聞の報道によると、日本政府はマネーロンダリング防止のために仮想通貨取引を監視し、KYCに関連する顧客情報の共有を義務付けるという。

 

犯罪収益移転防止法の改正案は2023年春に施行される予定。マネーロンダリング防止のための送金に関するルールは、銀行などの金融機関での監視が必要であり、強制力を持たせる必要がある。

 

この動きは、日本政府による仮想通貨市場の規制がまた一歩前進したことを示している。 特に、違法行為が行われないように、政府は包括的な税制のルールを重視している。

 


仮想通貨規制や相場分析などに関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

 

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

【あわせて読みたい】

2022年、暗号資産に対する規制上の脅威

IMF、暗号資産に対する資本規制を要請

米仮想通貨規制法案、今週中に発表する予定

STEPNにおけるGSTとGMT下落、規制で中国へサービス停止

NFT市場、EUマネーロンダリング規制対象になるか

ドイツ規制当局、「DeFiには新しい規制が必要」と発言|規制