エルサルバドル、21年9月以来ビットコイン保有価値は半減

06/15/2022著者: c, dora

エルサルバドル、21年9月以来ビットコイン保有価値は半減

保有ビットコインの価値は半減


エルサルバドルのビットコイン(BTC)保有額は現在、5150万ドル(約70億円)となっている。2021年9月にビットコインを法定通貨と定めて以降、10カ月間に同国が投資した1億400万ドルから概ね半減している。

関連:エルサルバドル、ビットコインの買い増しを発表

 

同国のナジブ・ブケレ(Nayib Bukele)大統領は2021年9月以降、10回のビットコイン購入を発表している。最後に確認された時点では同国の保有ビットコインは2301BTC、1BTCあたりの平均購入額は4万5171ドルとなっている。

 

また直近の購入は5月9日だった。当時、ビットコイン価格は下落トレンドにあり、500BTCを1530万ドル、つまり1BTCあたり3万744ドルで購入した。ここ数日の価格急落の間、同国はビットコイン購入を発表していない。

 

アレハンドロ・ゼラヤ(Alejandro Zelaya)財務大臣は13日、ビットコインの暴落が自国の財政状況に及ぼすリスクは「極めて小さい」とし、その額は政府予算の0.5%未満と指摘した。また、ビットコインを売却していないため、損失は確定していないと述べた。

 

【他の記事】

中国、ビットコイン採掘の世界シェアの2位を奪還

FTXのCEO、ビットコイン批判で誤解を広めたとして非難される

米コインベース、暗号資産専門シンクタンクをローンチ

米コインベース、ザ・サンドボックス(SAND)を上場予定

バレンシアガ、暗号資産決済に対応予定

暗号資産取引所バイナンス、米SECからの調査を受け