ディズニー社、NFTやメタバース分野専門の弁護士を雇用へ

09/26/2022著者: c, dora

米ウォルト・ディズニー社がNFTやメタバースなどのWeb3の領域の事業を拡大するために人材を募集している。特にNFT・メタバースなどの新興技術の取引に携わる経験豊富な企業弁護士を求めているようだ。

NFTやメタバース専門の弁護士を募集


ディズニー社がNFT・仮想通貨などのWeb3分野に精通した弁護士の募集を行っている。

 

求人サイト「Linked in」に掲載されたものとなっており、同グループはNFTやブロックチェーン、メタバース、DeFiの知見を持つ弁護士を募集するものとなっている。今回の募集では主にNFTやメタバースに関する仕事に従事することが掲載されており、NFTの法的助言やNFTに関する法律・規制を遵守していることを確認することが求められている。

 

また、仮想通貨分野では、ディズニーの法務・ビジネスチームにアドバイスを提供し、販売に関連したマーケティングおよび広告の開示の確認や証券法の問題の評価を行うとのことだ。

 

ディズニー社では今年2月にマイク・ホワイト氏を責任者としてメタバース事業を展開する方針であることを発表している。同社CEOのボブ・チャペック氏は今月に開催したファンイベント「D23 Expo 2022」でメタバースのことを『次世代ストーリーテリング』と表現し、映画サービスのプラットフォームを体験型のプラットフォームに変えていくと述べている。

 

ディズニー社ではメタバースへの展開やVeVeを通してのNFT販売などWeb3関連の事業も積極的に行っているので、今後は独自のプロジェクトも発足する可能性もある。

 


NFTやメタバース、仮想通貨などに関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

 

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

【あわせて読みたい】

Pi Network(パイネットワーク)とは?仕組みや特徴、マイニングを解説

「The Merge」とは?イーサリアム(ETH)PoS移行(マージ)を徹底解説

日本におけるビットコイン先物取引【初心者ガイド】

Pi Network(パイネットワーク)の今後の見通し・価格予想を徹底解説