仮想通貨TWT急上昇、セルフホスト型ウォレットへ注目が高まる

2022/11/15著者:

セルフホスト(自己管理型)の仮想通貨ウォレットであるトラストウォレット(Trust Wallet)のネイティブトークン(仮想通貨)「TWT」は14日、過去24時間で43%上昇している。

TWTトークン急上昇


CoinMarketCapのデータによると、仮想通貨「TWT」は14日に、2.50ドルの史上最高値を更新した後、本稿執筆時点では2.30ドル前後で取引されている。過去7日間で、TWTは106%近く上昇し、現在、時価総額ランキング上位で44番目の仮想通貨として位置付けている。

 

FTXの破綻により、ユーザーは取引所から逃げ出し、セルフホスト型ウォレットに目を向けている。 これがTWTの価格上昇の一因になっていると思われる。

 

BTCC APP DOWNLOAD

日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

バイナンス、トラストウォレットを推奨


バイナンスのCEOであるチャンポン・ジオ(Changpeng Zhao)氏がセルフホストの本質についてツイートし、ユーザーにトラストウォレット(Trust Wallet)の利用を推奨したことも、TWTトークンの上昇に一役買っている。バイナンスが2018年に買収したトラストウォレット(Trust Wallet)は、仮想通貨や非代替性トークン(NFT)を簡単に保管できる分散型ホットウォレットだ。また、さまざまなブロックチェーンと連携している。

仮想通貨取引所FTXの破綻と、それに続くウォレットから6億ドル相当のトークンが盗まれた攻撃を受け、投資家が資産を守る方法を考え直す中、チャンポン・ジオ氏はセルフホスト型ウォレットを推進している。

関連:FTX関連会社約130社、米国で破産申請 FTXジャパン含む

関連:FTX破綻の影響は?顧客資産の行方や他社への波及を懸念

 

FTXが破綻したとき、仮想通貨投資家は一斉に取引所を離れた。CoinMarketCapのデータによると、トラストウォレット(Trust Wallet)以外のセルフホスト型ウォレットは利益を計上している。SafePal (SFP) は過去24時間で50%上昇している。

 


仮想通貨TWTや他の仮想通貨相場などに関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

 

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、12年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

【あわせて読みたい】

FTXトークン(FTT)とは?特徴や将来性を解説【仮想通貨】

FTX、アラメダに100億ドルの顧客資金を「不正流用」か

関東財務局、FTXジャパンに行政処分 交換業を停止要請

アラメダの財務不安で、FTX買収撤回の原因か

バイナンス、FTX買収を撤回 ビットコインとFTXトークン急落

バイナンスCZ氏、「仮想通貨業界には明確な規制が必要」と発言

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード