家電大手LG、ヘデラと提携でNFTプラットフォームを立ち上げ

2022/09/05著者: c, dora

ソウルに拠点を置く家電大手のLGエレクトロニクスは4日、「Hedera(ヘデラ)」が開発したブロックチェーンの力を借りて、新しいNFTプラットフォームを立ち上げたと発表した。

「LG Art Lab」を立ち上げ


「LG Art Lab」と呼ばれるこのプラットフォームは、NFTアートを売買し、テレビに表示する方法を顧客に提供する予定。

 

発表によると、LG Art Labは米国でwebOS 5.0を搭載したテレビでの利用が可能。アーティストのプロフィールや今後の作品のプレビュー、NFTの「ドロップ」までのカウントダウンなどの機能を備えている。また、プラットフォームのマーケットプレイスでは、NFTアートの売買の場を提供している。

 

 

NFTに参入した大手企業


LGは、初めてNFT分野にに鼻を突っ込む大手企業ではない。スイスの時計メーカーであるタグ・ホイヤー (Tag Heuer) は6月、特定のスマートウォッチの文字盤にNFTを表示することができる新しいツールを発表した。

 

新しいプラットフォームはHederaネットワークが支えており、取引は現在ベータ(β)テスト中のLG特許のスマートフォン用仮想通貨ウォレット「Wallypto」を通じて行われる。

 

Hederaの開発元Swirlds Labs社のCMOであるChristian Hasker氏は、今回の発表によりNFTが「コンピュータベースのコレクションを超えて、他の芸術作品がその所有者の家の中に飾られる芸術品となる」と述べている。

 


NFTや仮想通貨相場などに関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

 

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

【あわせて読みたい】

BOSO TOKYO(暴走東京)NFTの買い方・購入方法を解説

NFT転売のやり方は?初心者でもわかりやすいNFTの稼ぎ方

Polkafantasy(ポルカファンタジー)とは?日本アニメ特化型NFTゲーム

话题の暴走东京 NFTとは?日本を代表するNFTプロジェクト

NFTやゲームの独自のトークンを運用して稼ぐ5つの方法

注目の「ソラナ基盤NFTマーケットプレイス」3選を紹介!

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード