中国ブランドLi-Ning、「BAYC NFT」ライセンスを取得

04/29/2022著者: c, dora

オリンピックチャンピオンの李寧氏が設立した中国のスポーツブランド「Li Ning」がBored Ape NFTのライセンスを取得し、BAYC #4102を使用した最新作を発表した。

中国ブランド「Li Ning」、「BAYC NFT」をライセンス供与

中国スポーツブランドLi-Ning、Bored Ape NFTを商品として採用


Li-Ningは公式Weiboアカウントで、Web3.0の名家Bored Ape Yacht Club(BAYC)、番号#4102 BAYCをLi-Ningのポップアップストアのファッション店長として招いたと発表した。

 

Li-Ningの公式WeChatアカウントによると、4月28日に北京のポップアップストアでBAYC NFTのアバターをフィーチャーするという。基本的に、Li-Ningは#4102のデザインに基づいた新しいシリーズの製品を作る予定だと発表した。

中国ブランド「Li Ning」、「BAYC NFT」をライセンス供与

XTEP、TaMen、Qi Baishiなど、多くの中国ブランドやアーティストがNFTに参入している中、Li-Ningは、中国のNFT(非代替性トークン)市場で初めてBAYCのイメージを採用した。このように、Li-NingはNFTに対する好奇心を刺激し続ける。NFTに制限のある中国において、Web2.0とWeb3.0の間のギャップを埋めることができればと望んでいる。

 

 

BAYCの商用ライセンスを活用するブランドが続出


BAYCを利用するメリットのひとつに、NFTに付随する特典がある。例えば、そのコマーシャル・ライセンス、有名な優良企業であるNFTとコラボレーションしたり、ブランドを確立する機会として、多くの人が利用している。BAYCのライセンスを受けているブランドやアーティストには、テキーラの生産者であるSiempre Spirits、DJ Duo Escape Plan、レストランBored and Hungryなどがある。

 

 

【他の記事】

【2022年4月版】採用が進んでいる暗号資産会社5選を紹介

ERC721Rとは?最も安全なNFTプロトコルについて

ネオスケープ社、「デザインをメタバースへ」イベントを開催

仮想通貨アービトラージのやり方|種類・注意点など徹底解説

【トレンド】人気のNFTアニメコレクション10選

ニューヨークで、5月7日にDeFiConを開催