バイナンス、日本の新規登録を停止 日本の仮想通貨規制に対応

2022/11/30著者: c, dora

最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)は30日、日本からの新規ユーザー向けの登録を停止すると発表した。

 

【関連記事】 

バイナンス、国内仮想通貨取引所サクラを買収 日本市場に参入

仮想通貨取引所おすすめ比較ランキング!口座開設方法や選び方を解説

この対応は、発表時の17時(日本時間)に反映された。日本から新規ユーザー向けの登録を試みると、「あなたのIPアドレスは、制限された管轄区域から当社のサービスにアクセスしようとしていることを示しています。お住まいの地域のユーザーにはサービスを提供できず、ご不便をおかけして申し訳ございません」と表示される。

 

これについて、バイナンスは「日本の規制を積極的に遵守するために、サービスやプロダクトの提供を継続的に評価している」とコメントした。

 

バイナンスのIP制限は新規登録画面のみで、TOP画面などは従来通り日本からアクセスできる。なお、同社は公式ブログで、既存のユーザーは引き続きサービスを利用できると述べている。

 

また、今後、バイナンス・ジャパンが日本で正式にサービスを開始した場合、グローバル版バイナンスは一定期間経過すると既存ユーザーは利用できなくなり、IP制限されることが予想される。

 

グローバル版と比較して、バイナンス・ジャパンは、日本の規制により、対応する仮想通貨が制限されることが予想される。

 

グローバル版バイナンスで既に資産を保有している日本の投資家は、将来の資産移転に備えた方が良いかもしれない。 また、グローバル版バイナンスの既存ユーザーは、バイナンスへのアクセスができなくなり、将来的に資産の移転が必要になる可能性がある。

 

バイナンスは同日(11月30日)、日本で仮想通貨取引所サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)の全株式の取得を発表した。これにより、バイナンスは日本市場に参入することになった。 これは、日本の規制に対応するためと思われる。

関連:バイナンス、国内仮想通貨取引所サクラを買収 日本市場に参入

 


バイナンスや仮想通貨相場などに関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

 

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

【あわせて読みたい】

バイナンス、ソラナ上のUSDTとUSDC入金サービスを再開

バイナンスCZ氏、「仮想通貨業界には明確な規制が必要」と発言

バイナンス、ユーザーのための資産保険基金「SAFU」を補充

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード