バイナンス、マザーと提携 仮想通貨保有量検証でPoR監査受け

2022/12/02著者: c, dora

仮想通貨取引所最大手のバイナンス(Binance)は、保有する仮想通貨の検証を行う「Proof of Reserves(プルーフ・オブ・リザーブ/PoR)」監査の一環として、監査法人マザー(Mazars)と協働することになる。

 

【関連記事】

バイナンス、日本の新規登録を停止 日本の仮想通貨規制に対応

バイナンス、国内仮想通貨取引所サクラを買収 日本市場に参入

マザー(Mazars)について


バイナンスのPoRである「第三者による財務確認」の一環として、マザー(Mazars)はパリに拠点を置く国際的な監査法人だ。その米国部門であるMazars USAは、長らくトランプ氏の会計事務所を務めており、2019年に下院監視改革委員会がトランプ氏の財務記録の一部を要求して以来、論争に巻き込まれることになった。同社は最終的に2022年にトランプ氏との関係を断つと伝えられている。

 

マザー会計事務所は、バイナンスが発表したすべての情報を検証し、ビットコイン(BTC)のPoR、今後のアップデートやトークン(仮想通貨)についても検証するとしている。広報担当者によると、「ビットコインの最初の検証アップデートは今週中に完了する予定です」という。

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

バイナンス、PoR監査を受け


バイナンスはは11月28日、127,351BTCを未知のウォレットに約20ドルで送金し、その後同社のジャオ・チャンポンCEOは、この取引が進行中のPoRプロセスの一部であることを発表した。

 

この行動は、以前ジャオ・チャンポン氏がウォレットアドレスを証明するために大量の仮想通貨を送金することは取引所にとって悪いニュースであると主張したため、コミュニティで懸念された。

 

バイナンスはFTXの破産を受けてPoRのプロセスと仕組みを導入し、11月25日にはBitcoin Markertreeに基づく検証の仕組みも発表している。

 


バイナンスの最新ニュースや仮想通貨相場などに関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

 

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

【あわせて読みたい】

バイナンス、スタートアップ支援で最大20億ドルファンドを設立へ

バイナンス、ソラナ上のUSDTとUSDC入金サービスを再開

バイナンスCZ氏、「仮想通貨業界には明確な規制が必要」と発言

バイナンス、ユーザーのための資産保険基金「SAFU」を補充

バイナンス、FTX買収を撤回 ビットコインとFTXトークン急落

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード