バイナンス、国内仮想通貨取引所サクラを買収 日本市場に参入

2022/11/30著者: c, dora

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは11月30日、日本の仮想通貨取引所であるSakura Exchange Bitcoin(サクラエクスチェンジビットコイン、SEBC)の全株式を取得したことを発表した。発行済株式の全てをバイナンス (AP)ホールディングリミテッドに譲渡。

 

【関連記事】 

仮想通貨取引所おすすめ比較ランキング!口座開設方法や選び方を解説

バイナンス、ソラナ上のUSDTとUSDC入金サービスを再開

バイナンスCZ氏、「仮想通貨業界には明確な規制が必要」と発言

バイナンス、ユーザーのための資産保険基金「SAFU」を補充

これによって、バイナンスは日本仮想通貨市場に参入する。なお、譲渡金額、その他の取引条件はまだ明らかにしていない。

 

また、11月30日午後17時(日本時間)より、日本からの新規ユーザーはバイナンスドットコムに登録することができなくなる。バイナンスによると、この傾向は、日本の規制を積極的に遵守するために、サービスやプロダクトを継続的に評価していることに起因している。

 

この株主異動にともない、SEBCは11月30日開催の株主総会において、株主および取締役会の異動を決議した。また、同日、新しい経営体制も整った。

 

SEBCの代表取締役に新たに就任したのは千野剛司氏。同氏はかつてKrakenを運営するペイワード・アジア(Payward Asia)株式会社の代表取締役を務めていた。

 

また、バイナンスのアジア太平洋地域の責任者であるLeon Foongも取締役に任命された。 SEBCの前代表取締役である山本仁美氏は、現在、取締役に就任している。

 

千野氏は、「規制当局と積極的に協力し、地域のユーザーのためにコンプライアンスを遵守した形で、組み合わせた取引所を発展させていきたい」とリリースしている。

 


バイナンスや仮想通貨相場などに関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

 

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

【あわせて読みたい】

バイナンス、FTX買収を撤回 ビットコインとFTXトークン急落

FTXトークン(FTT)は74%急落 バイナンスのFTX買収合意を受け

バイナンス、アイルランドに仮想通貨の子会社を設立

バイナンス、イーロン・マスク氏のTwitter買収に出資

バイナンス、ユニスワップDAOで2番目の投票権を獲得

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード