バレンシアガ、暗号資産決済に対応予定

05/24/2022著者: c, dora

バレンシアガ、暗号資産決済に対応予定

バレンシアガ、暗号資産決済に対応予定


フランスの高級ファッションブランド「バレンシアガ(Balenciaga)」は、6月から一部店舗で暗号資産(仮想通貨)決済に対応すると発表した。

 

米WSJ(Wall Street Journal)の報道によると、ニューヨークのマディソンアベニューとカリフォルニアのビバリーヒルズにあるバレンシアガの店舗で、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)という暗号資産決済を導入する予定だ。 

 

バレンシアガ、メタバース事業も展開


暗号資産決済に加え、同ブランドはメタバース事業も推進していることがわかった。 昨年12月には、独自のメタバース事業部を立ち上げたと発表した。 今回WSJの取材で、同社のCEOであるCédric Charbit氏は、「メタバースは一つの国であり、現在ブランドが展開されている国と同様に重要な市場である」と述べた。

 

他にも高級ファッションやスポーツブランドが暗号資産、NFT(非代替性トークン)、メタバースに参入するケースもあり、グッチや、ナイキ、アディダス、バーベリーなどもNFTなどの事業を取り組んでいるところだ。

関連:グッチ、一部店舗でビットコインの取り扱いを開始

 

 

【他の記事】

仮想通貨運営会社Ikigai、Web3専門ファンドで3千万ドル調達

バイナンスCEO、ドイツの規制機関に登録意欲を見せる

米コインベース、暗号資産専門シンクタンクをローンチ

米コインベース、ザ・サンドボックス(SAND)を上場予定

イーサリアムのテストネット、来月「The Merge」を実行

メタバース関連会社シナモン、アスターネットワーク社と提携