コインチェックCoincheck NFT β版、ENS取扱い記念でキャンペーン開催

09/27/2022著者: c, dora

国内仮想通貨取引所のコインチェックが提供するNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」では、本日より「Ethereum Name Service(ENS)」の取扱いを開始しました。この取扱い開始を記念し、条件達成で500円分のETHが全員もらえるキャンペーンを本日より開催します。

「ENS」は、複雑な文字列から構成される暗号資産のウォレットアドレスを認識しやすい「任意の文字列」と紐付けることができるイーサリアムブロックチェーン基盤のアドレスネーミングサービスです。「ENS」を利用して作成した文字列は「Web3のユーザーネーム」とも呼ばれ、NFTとして取引されるだけでなく、SNSのアカウント名やメタバースにおけるアバター名などとしても広く利用されています。

 

キャンペーンの詳細


キャンペーン名称

「Ethereum Name Service」取扱い記念キャンペーン

 

期間

2022年09月27日 15:00 〜 2022年10月04日 23:59

 

対象者

『Ethereum Name Service』を出品し、キャンペーン期間内に合計5,000円以上*で売却された方

* 売却時のレートで換算いたします

 

賞品

500円相当のETH**

*ETHの付与レートは、Coincheckにおける付与時のレートといたします

 

付与予定日

キャンペーンの条件を満たされた方にはキャンペーン期間終了(2022年10月04日)から2週間程度でお客様の取引アカウントへ付与いたします。賞品の付与実績は、Coincheck(WEB)ならびにCoincheckアプリの取引履歴からご確認いただけます。

 


コインチェックや仮想通貨相場などに関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

 

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

【あわせて読みたい】

コインチェック、『The Sandbox』の「LAND」販売決定を発表

コインチェック、メタバース都市「Oasis MARS」をOthersideに制作

コインチェックの使い方は?概要・メリット・デメリットも解説

Coincheck(コインチェック)の手数料を徹底解説!