IMF、暗号資産に対する資本規制を要請

04/20/2022著者: c, dora

閲覧数: 0

IMF、暗号資産に対する資本規制を要請

IMF、暗号資産に対する資本規制を求める


国際通貨基金(IMF)は、ウクライナ戦争で浮き彫りになった懸念の高まりを受け、世界の政策立案者に暗号資産(仮想通貨)に関する規制基準を策定するよう促している。

 

IMFは、19日に発表した「世界金融安定報告書」の中で、ロシアによる制裁回避に暗号資産が利用される可能性や、銀行業務の変化を通じて既存の金融システムの安定性を脅かす可能性を言及した。

関連:米共和党議員、SECの暗号資産規制を批判

 

IMFによると、ウクライナ戦争とコロナのパンデミックの中で、世界の金融システムは「暗号化」が進んでいる。その多くは一般的な取引活動によるものだが、IMFは、資本移動における本人確認を回避する手段、基本的には匿名で海外と取引する手段として利用される可能性があると警告している。

 

IMFは、米国と英国の規制当局が暗号資産企業に警戒を強化するよう促しているが、違法者は、制裁を逃れるために非準拠の暗号資産取引所、ミキサーまたは他の手段を使用すると指摘した。また、エネルギー資源を利用して暗号資産をマイニングし、資金を増やす可能性もある。

関連:NFTに関する米国の規制を解説

 

これらの暗号資産特有のリスクを軽減するため、IMFは各国に対し、暗号資産取引所が送金者と受取者の識別情報を送信することを義務付けることや、暗号資産のルールを含む金融活動作業部会基準の実施、および暗号資産を対象とする外国為替と資本フロー管理に関する追加の法律と規制の実施に注力するよう提言した。

 

報告書によると、「不可欠なステップとしては、暗号資産に対する包括的、一貫的、協調的な規制アプローチの開発、資本フロー管理措置への効果的な適用、実施のための国際協力体制の確立、データギャップへの対応、技術の活用などが挙げられる 」と述べた。

関連:MicroStrategy 社CEO、ビットコイン規制に心配せずと発言

 

 

IMF、暗号資産規制にDeFiを注目


また、報告書は、新しい形態の仲介機関として分散型金融(DeFi)分野を詳しく取り上げ、規制当局に対して、DeFiが提起する新しい法的問題、すなわち、基本的には、集中的な窓口を欠く事業体をどのように規制するかという問題に取り組むよう求めている。

 

報告書は、「暗号資産の規制は、ステーブルコインの発行者や集中型暗号資産取引所など、DeFiを可能にする暗号エコシステムの要素に焦点を当てるべきだ。また、当局は、DeFiプラットフォームが業界規範や自主規制団体を含む強固なガバナンススキームの対象となることを呼び掛けるべきだ。これらの組織は、規制監督のための効果的な導管を提供することができるだろう」と提言した

関連:英国、決済用ステーブルコインを規制へ

 

IMFは昨年12月、暗号資産に関する「包括的で一貫性があり調整された」世界的な政策を求めた。

関連:EU、暗号資産規制法案「MiCA」協議を継続へ

関連:英財務省、新たな暗号資産規制体制を発表予定

関連:英国、仮想通貨規制に関する新たな計画を近々発表

 

 

【他の記事】

【マスターカードEVP】暗号資産やNFTの採用などを言及

【ロビンフッドCEO】ドージコインが未来の通貨になるか

仮想通貨市場が急伸傾向につれ、DeFiトークンも上昇トレンド

【週間まとめ】先週の仮想通貨市場の動き

モルガンスタンレー、イーサリアムのリスクについて警告

仮想通貨の需要高騰に対する企業の対応方法