イーサリアム(ETH)が7%下落、Vitalik Buterin氏のPoS本を発売開始

09/28/2022著者: c, dora

イーサリアム(ETH)の共同創設者であるVitalik Buterin氏は28日、イーサリアムPoS関連の本を発売したばかりだが、それでもイーサリアム(ETH)相場のさらなる暴落を止めていない。

Vitalik Buterin氏、イーサリアムPoS関連の本を発売


9月28日、Vitalik Buterin氏は、『Proof of Stake (The Making of Ethereum and the Philosophy of Blockchains)』と題した著書が物理版とデジタル版の両方で発売されたことをツイートした。この本には、同氏がこの10年ほどの間に行ったさまざまな著作をまとめたものが収録されている。

本書はGitcoinに掲載されており、Amazonなどの小売店ではペーパーバック版が16.99ドル、デジタル版が12.99ドルで販売されている。また、イーサリアム愛好家のために、非代替性トークン(NFT)形式のサイン入りデジタルコピーも用意されている。

 

物語は2013年、イーサリアムがアプリケーション開発のためにビットコインのスクリプト言語の必要性を考え出したところから始まる。その後、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)の概念とイーサリアムがプルーフ・オブ・ステーク(PoS)に進化したことについて述べられている。

マージ以降、ETHは21%下落


Vitalik Buterin氏の本が発売された日にイーサリアムは21%も急落している。CoinGeckoによると、イーサリアムは現在、過去24時間で約7%下落し、本稿執筆時点では1,285ドルまで下落している。

 

イーサリアム(ETH)の価格は17時間前に1,400ドル弱の日中高値をつけたが、レジスタンスが強すぎたため、今日の暴落につながった。イーサリアムはこの2週間で約18%下落し、2021年11月10日につけた史上最高値4,878ドルから現在74%下落している。

 

9月15日に待望のマージが実行され、PoSへの移行が完了し、PoWが正式に廃止され、エネルギー消費が約99.95%削減された。

 

しかし、マージまでの数日間、イーサリアムは1,780ドルまで取引されたため、市場はすでにこれを織り込み済みだった。ビーコインチェーン(Beacon Chain)がメインネット上で稼働して以来、ETH価格は21.5%下落し、現在の水準に至っている。

イーサリアムETHステーキング人気


弱気な値動きにかかわらず、イーサリアム(ETH)のステーキングは、長期的な投資を求める人たちの間で人気を集め続けている。現在、約1,400万ETH(約180億ドル)がステーキングされている。これは、マージ以来発行が激減した総供給量の約11.6%に相当する。

 

Lidoが発行しているような流動的で柔軟なステーキング資産は、単にステーキングされていないETHを保有するよりも資本効率が良くなっている。StETHのような資産の保有者は、資産の価格変動へのエクスポージャーを得ることができ、流動性を維持しながらステーキング利息を蓄積することができるため、ETH自体の保有が時代遅れになる可能性がある。

 


イーサリアム(ETH)や仮想通貨相場などに関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

 

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

【あわせて読みたい】

「The Merge」とは?イーサリアム(ETH)PoS移行(マージ)を徹底解説

イーサリアム(ETH)9%急落、マージの楽観論が薄れ

イーサリアムマージが起動され、PoWからPoSへ移行

イーサリアムマージがもたらす機関投資家参入の新たな夜明け

LUNCバーンとステーキング:LUNCは一日で70%以上急上昇

LUNC急騰、LUNCステーキングが原因 新ガバナンスアラートも始動