CT Analysis、「2022年4月度版 DeFi市場レポート」を無料公開

05/07/2022著者: c, dora

閲覧数: 0

近頃頻繁に耳にするようになった「DeFi(分散型金融)」ですが、最近のDeFi市場について詳しく見たい方は決して少なくなりません。そこで、今回はCT Analysisによる「2022年4月度版 DeFi市場レポート」を無料公開!ぜひ、最後まで見逃さずご注目ください!

CT Analysis、「2022年4月度版 DeFi市場レポート」を無料公開

CT Analysis、「2022年4月度版 DeFi市場レポート」


CT Analysisは6日、2021年9月より配信開始のDeFi(分散型金融)の市況や主要プロジェクトの動向などを手軽に確認するため、「2022年4月度版 DeFi市場レポート」を作成して無料公開しました。

 

「2022年4月度版 DeFi市場レポート」はデータを中心とした振り返り、考察がメインとなっており3~5分程度で読める内容となっています。

 

4月DeFiの市況と主要な指標について


defi_april_2022-04

4月末時点での、主要L1ネットワークのDeFiのTVLは$247Bとなり、3月末と比較して約13%となる-$37Bとなりました。

先月まで右肩上がりで増加していたステーブルコインの時価総額も、USDCを中心に減少、全体ではほぼ横ばいとなり、DeFiにとっても4月は厳しい1ヶ月となりました。

 

今月DeFi市場のトピック


今月DeFi市場のトピック

Yearnを中心として、利回り付きトークンをERC-4626として標準化を試みる動きが進められています。

LPやレンディングのデポジット、ボールトへの預け入れなど、この辺りのトークン規格が統一化されることで、ユーザーにとっても利回りの改善などのUX向上につながる可能性があり、4月の中では興味深いトピックの一つでした。

 

ステーブルコインの時価総額ランキング


ステーブルコインの時価総額ランキング

先月に引き続きTerraのUSTが続伸しており、法定通貨担保のステーブルコインであるBinance USDを抜き、全体で3番目の発行枚数となっています。

この規模になってくると、TerraやAnchorの市場全体に対する重要度も非常に高くなります。

レポートではこの他にもDeFiの主要なマーケット、プロダクトの動向、レイヤー2やマルチチェーンの動きなども含めて解説しています。

 

該当リサーチレポートに興味を持つ方は、下記のサイトより会員登録してダウンロードしてください。

CT Analysis