BTCCでリップル(XRP)永久先物契約を売買する方法

リップル(XRP)はOpenCoin社が発行した仮想通貨で、リップルク レジットとも呼ばれます。リップルは世界初のオープンペイメントネットワークであり、これを介し仮想通貨の種類を問わず、自由に転送できます。簡易に迅速で取引可能です、短時間で確認でき、手数料もほぼゼロ、銀行間および国を越えた支払い料金はありません。なお、XRPの総量は1000億個、流通総価値は264.56億、現在市場価値は0.60米ドルです。2020年にXRPの値上がり幅は170.85%です。

お客様がXRPを投資したい場合、現物取引だけではなく、XRPには先物契約取引で収益が得られます。また、現物取引に比べて、証拠金取引のメリットは反対売買を支持することです。謂れ値上がりか値下がりのいずれも収益を得るチャンスがあるわけです。その他、証拠金取引にはレバレッジが付属していますので、小資金で大金額な取引が行われます。

BTCCでリップル(XRP)永久先物契約を売買するための7つのステップ

ステップ1:公式サイトbtcc.comを登録し、ページの右上にサイン/登録をクリックしてください。

ステップ2:ページの上にXRPの無期限契約をお選びください。

ステップ3:ページの上にXRPの注文種類を選択します

BTCC契約注文タイプは、成行注文、指値注文とストップロス注文です。

·成行注文:ユーザーは、現在の市場最適価格で注文し、迅速な取引を行えます。

·指値注文:指値注文は、ユーザーが設定した売買価格を設定し、市場価格は指値になったら、注文が成立します。

ストップロスオーダー:ストップロスオーダーは指値注文とは逆の条件で発注されることから、[逆指値注文]とも呼ばれます。ユーザーは売買価格を自由に設定できます。市場価格が設定された価格に達したら、注文が成立します。

ステップ4:BTCCはXRPのレバレッジ20倍を提供しています。

ステップ5:ユーザーの投資状況に応じて、XRPの取引単位がお選びいただけます。

無期限契約の範囲は100-50000口まで指定可能、即時の取引価値と参考証拠金の表示があります。

ステップ6:成行注文、指値注文とストップロスオーダーはいずれも利食い損切りの設定が必要です。

区別は、成行注文はその時点の最適価格で注文を成立させます、指値注文とストップロスオーダーはさらに有効期限の設定が必要です。(期限は一日と週間の2種類)

ステップ7:基本条件の設定、理想の価格を入力した後、買いまた売りをお選びいただきます。

ただ、設定価格はプラットフォームに表示される最高価格最低価格の範囲を超えてはいけないのでご注意ください。最後、買い/売りをクッリクしてXRPの証拠金取引を完成しました。

注文が成立すれば、建玉ページにご確認できます;成立しなかった場合、注文ページに表示されます。

注文取引についての情報は、ページ右上の取引レポートにてご確認いただけます。

もっと注文取引についての情報は、ページ右上の取引レポートにてご覧いただけます。

以上XRP(リップル)の証拠金取引が完了しました。またご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です