BTCCでEOS先物を売買する方法

EOSは、BM(Daniel Larimer)氏が開発したブロックチェーンプラットホームで、オペレーティングシステムと似ています。その目的は分散化アプリケーション応用の機能を広げることです。EOSは年間、40億米ドルのファンドを集まった、現時点で最大なICOプロジェクトです。また、100万TPSの目標はTPSブームを引き起こしたため、2018年は一時的にブロックチェーン3.0の代表だと思われました。

しかし、EOSの使用ハードルが高くて技術も複雑のため、BMはまた新しいプロジェクトの開発を取り込んで、プロジェクト側が募金して国債を買ったなどの問題が発生しました。そのプロジェクトに対して、人々の態度で賛否両論です。EOSの今の市場価格は3.02米ドル、2020年にEOSの総価格は9.60%上昇しています。

お客様は直接EOSをご購入いただげます。EOSの価格が上がる時に限って、ロングコールでEOSを投資できます。さらに、レバレッジもご利用不可です。

なお、BTCCの仮想通貨のデリバティブ商品取引プラットホームの先物契約はこの難題を解決できます。EOS先物契約のメリットはEOS価格の上下変動により利益が得られます。その他に、これらのデリバティブ契約商品にはレバレッジがついていますので、小資金で大金額な取引が行われます

7つのステップでBTCCで速やかにEOS(イオス)先物売買を始めましょう

ステップ1:BTCC証拠金契約取引のページを開き
ステップ2:EOSの契約種類の選択
ステップ3:EOSの注文種類の選択
ステップ4:レバレッジの選択
ステップ5:購入したい口数の選択
ステップ6:利食い価格、損切り価格の設定
ステップ7:売/買の選択:ロングコール(買付)、ショートプット(売付)

ステップ1:BTCC証拠金契約取引のページを開き

BTCC.com公式サイトにログインして取引を始めましょう。

まだBTCCアカウントをお持ちでない方は、[ここから]無料アカウントを作成し、新規チャージを始めましょう。最低2USDTからチャージ可能です。また、500USDT以上チャージしていただいたら、最大2000USDTプレゼントします。

ステップ2:EOSの契約タイプの選択

ページの左上に一日、週間、無期限契約をお選びいただけます。

ステップ3:Eosの注文タイプの選択

ページの右上にBTCC契約注文タイプを選択可能です。成行注文、指値注文とストップロスオーダー(逆指値注文)があります。

·成行注文:ユーザーは、現在の市場最適価格で注文し、迅速な取引を行えます。

·指値注文:ユーザーは自分で買う、売る値段を設定します。市場価格は指値になったら、注文が成立します。

·ストップロスオーダー:ストップロスオーダーは指値注文とは逆の条件で発注されることから、[逆指値注文]とも呼ばれます。ユーザーは売買価格を自由に設定できます。市場価格が設定された価格に達したら、注文が成立します。

ステップ4:レバレッジを選択します

レバレッジの倍数はご自身で調整できます。例:週間契約のEOSではレバレッジを10倍、20倍、50倍がお選びいただけます。

ステップ5:購入したい口数を選択します

ユーザーの投資情報に応じて、EOSの取引数量がお選びいただけます。週間契約の範囲は100-50000口、無期限契約の範囲は1-10000口が指定いただけます。即時の取引価値と参考証拠金の表示があります。

ステップ6:利食い損切りの設定

成行注文、指値注文とストップロスオーダーはいずれも利食い損切りの設定が必要です。区別は、成行注文はその時点の最適価格で注文を成立させます、指値注文とストップロスオーダーはさらに有効期限の設定が必要です。(期限は一日と週間の2種類)

ステップ7:売/買の選択:ロングコール(買付)かショートプット(売付)

基本条件の設定、理想の価格を入力した後、買いまた売りをお選びいただきます。ただ、設定価格はプラットフォームに表示される最高価格最低価格の範囲を超えてはいけないのでご注意ください。最後、買い/売りをクッリクして、EOSの取引注文が完了しました。

注文が成立すれば、建玉ページにご確認できます;成立しなかった場合、注文ページに表示されます。

注文取引についての情報は、ページ右上の取引レポートにてご確認いただけます。

以上EOS証拠金取引が完了しました。またご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です